2017/10/22

2017/10/22(sun) 角田浜トレイル体験走行会

22552303_682900761913000_1395176887506986701_n

○ ロング3周 1時間弱(GARMIN不調でログ取れず)

-----------

レースがお流れとなり、体験走行会としての開催。おまけに台風接近、降雨の中でロング3周めどに走りましょうとなり。

若tnbを先頭に周回開始。soくん、ymdメカ、自分、エベッティーニさんの順で続く。

soくんのペースに合わせて若tnbは抑え気味のペース。それでも十二分に速い。soくんの成長は著しい。ホント今後が楽しみ。

soくんとymdメカが落ち丸を迂回。こちらはそのまま通過して若tnbを追う。桜坂の先で追いついた。
ここから若もスイッチを入れてくれてマッチレースの様相に。スーパーロングの登りはすさまじいスピード。恐らく、あんなスピードであそこを走ったのは初めて。

離され、コーナーで少しずつ詰めて追い付く、を何度か繰り返す。いつも自分がエベッティーニさんに対してしてることをそのままやられてる感じ。。

ロンロン入ってすぐ、若のバイクに枝が絡まりストップして自分が先行。しかしすぐに追いつかれる。そのまま2周目のミドルの激登りまで前を走ったけど、もう限界。先に行ってもらい、あとは自分のギリギリペースで淡々と。

雨が増えてきて、随所で自転車が滑る。先週の前橋CXも泥だったけど、トレイルで縦の動きがあるし、スピード域もこっちが圧倒的に速い。こちらのほうが難しい。集中が高まって、ハイになる感覚あり。

桜坂の登りでコントロールを失って転んだり、最終週の最後のラスボス手前コーナーでハンドルを立ち木に当てて転んだり。
楽しめました。

iwsk親分、kbys店長、ymdメカ、準備お疲れさまでした。ありがとうございました。存分に楽しめましたよ(^_-)


2017/10/20

2017 MTBシーズンの振り返り

21765669_2206146136278798_7741437318093860702_o
©sumpu photo

首尾よくomさんとお仲間からレーシングMTBとホイールを譲り受けることになり、エベッティーニさんからサスポンプ、サガミymdメカからハンドルをいただいたりと、皆さんからご協力をいただいて実現したMTB再開。実り多かった今シーズンを振り返り、来シーズンに繋げたい。

シクロクロスシーズンからの継続で、MTB納車後は毎週末のように角田浜トレイルに通い詰めた。
十数年ぶりのMTBは、機材面が大きく変化。それに合わせてコースの側も変わってきていた。


【機材・セッティング編】
シクロクロスからの乗り換えで、当初はいろんな違和感があった。

○ サスペンションフォーク

まず、馴染めなかったのは、フロントの設置感の無さ。高速コーナーの出口でフロントのグリップが抜けてスリップダウンする傾向があった。
これはサスフォークのリバウンドを速くし過ぎてたのが問題だったっぽい。
リバウンドを遅くしてみたところ、減速の前荷重から加速の後ろ荷重への移行が緩やかになって、踏ん張りが利くようになり、設置感が大きく改善した。

現在使っているフォークは、フレームと共に譲ってもらったFOXの普及モデル。来シーズン以降、より高いパフォーマンスのものも試してみたいところ。

○ ステム周り

シクロクロスに比べると曲がり難くて、ハンドルを下げて前荷重にしたくなるけど、73°ステムを付けると、設置感が増し過ぎるのか、ハンドルが重くなって扱い難く感じた。

いろんなステム(90mm・85°、82°、80°、73°)やスペーサーのセットを試し、結局、90mm・80°、ステム下に5mmスペーサーで、シーズン中盤に落ち着いた。

ただ、これも、トップ選手や若tnbの、前下がりステムでの低いハンドルポジションを見て、そして、オフになってより曲がるシクロクロスに乗り換えてみて、より速くを求める上でこのままで良いのか?という疑問も湧く。

ハンドルを下げて前傾を強めれば、登りや平坦の“踏む”区間での筋動員を上げて、スピードを上げられるのではないか。さらに、速い速度で曲がりやすくなって、コーナーリングスピードを上げられるのではないか。当然、コーナーやテクニカルセクションでのバイクコントロールは難しくなり、技術の向上が必要になる。

今シーズンは借り物だった90mm・73°ステムを、来シーズンまでに手に入れて、来シーズンはこのあたりもトライしてみたい。

○ タイヤ

今シーズンは、組み上げを依頼したサガミ・ymdメカがセレクトしてくれたMAXXIS ICON 29x2.2 TL 一択。空気圧も1.5barでほぼ固定。これしか使ってないけれど、良く転がり、ドライでは縦横共にグリップ十分。しなやかさも申し分なし。

マディ~ウェットだったCJ-1田沢湖やジンギスでも、ベストの選択ではないにしても、走りが破綻することはなく、一定のスピードは得られた。(田沢湖は勝てたわけで。)グリップに乏しいシクロクロスの経験が生きたのもあるかもしれない。

来シーズンに向けては、他のタイヤ(IRC、Panaracer)を試してみたい気持ちもある。でも、他社比で高額なのを除いてはICONに大満足していて、どうするか悩みどころ。tkhsさんやnkymさんから許可が得られれば、車輪を取り換えっこして、SIRACやMITHOS、nkymさんの評価が高いDRIVER PROを試してみたいところ。

○ ハンドルグリップ

もうこれは、シーズン前半に取り換えたESI一択

○ ブレーキ

現在使っているのは、AVIDの普及クラスのキャリパーにレジンパッド。
シマノの上位モデルは、メカとしての造形も美しく、使ってみたいとは思う。
でも、普段練習する角田浜はもちろん、今年出たレースでも、今のブレーキの効きやタッチに不満を感じることはなく、むしろ好ましいと思えるほど。
シマノはXTRのXCモデルを除いては“カツン”としたタッチ、AVID/SRAMは“じわっ”としたタッチらしい。何となく、今使うAVIDの“じわっ”が合っているような気がしていて、普及モデルだけど、しばらく使い続けてみようかなと。

パッドのほうは、エベッティーニさん、そしてジンギスでお話を伺った竹谷選手はメタル推し。対してサガミymdメカはレジン推し。
マディ~ウェットだったCJ-1田沢湖でも効きやタッチに不満は無かった。角田浜トレイルでの練習での降雨の際に、効かなくなって驚いたことがあり、懸念はある。それでも、予備パッドとして準備するのはレジンにしてみた。
とはいえ、普段走る角田浜は、高低差が僅かで激しいブレーキングを要する箇所がなく、パッドはなかなか減らない。まだまだもちそうな感じ。


【レース編】

GWのまどかカップを皮切りに、6月にCJ-2妙高杉ノ原、7月にCJ-1田沢湖、9-10月にはダリヤカップ、CJ-1妙高杉ノ原、ジンギスカップと立て続けに出場して、計6レースに出場

今年はチームのMTBの師匠、エベッティーニさんがCJ登録を思い留まり、当初は自分も不参加の方向で考えていた。しかし、MTBを始めるからには、登録レースであるCJの、それも年相応のマスターズで戦いたい気持ちがあった。
CJの登録は、ロードの実業団のようにハードルが高いわけではなく、チームから支援も得られることになって目途がつき、6月のCJ-2妙高杉ノ原に向け参戦を決めた。

近い将来マスターズで戦うための現実的なロードマップを次のように描いた。

2017 チャレンジ4戦参戦(CJ-2妙高、CJ-1田沢湖・妙高・白馬)でポイント蓄積
2018 アドバンス
2019 マスターズ

しかし、首尾よくCJ-1田沢湖チャレンジで優勝を果たしてアドバンスへの特別昇格を果たし、CJ-1妙高杉ノ原でアドバンスのポイントを獲得したことにより、来シーズンからマスターズで走る資格を得ることができた。

マスターズで上位を争うため、前述のポジション変更を合わせ、登り・平坦・コーナー・テクニカルセクションと全方位的なスピードアップを図りたい。

ローカルレースは、今年+αの以下のレースへの参戦と上位入賞を目標にしたい。
 4月 赤城耐久
 5月 まどかカップ
     ジンデュランス
 7月 夏の耐久(ダリヤカップ併催?!)
 9月 ダリヤカップ(エリート)
10月 ジンギスカップ(エリート)


2017/10/18

2017/10/18(wed)

22491924_972586716215945_6188336656500628833_n

○ 亀公朝錬 新津東バイパスショート 1時間19分 39.7km 157W 76TSS 131bpm 88rpm


----------


月、火と天気は良かったのだけど、日曜に雨の中、1日外で過ごしたことでの消耗が著しく、大事を取って2日休み。

今日水曜も天気は持ちそうで、久々るっくさんがショートを招集

早起きできて、まだ夜明け前の外に出てみると、風が強い。珍しく追い風。出発後しばらくで後方からるっくさんが合流。2人で亀公へ。mnmさんお待ちかねで、3人でスタート。キューピット前で、泥クロスへのモチベーション高まるsghrさん合流で4人に。


新MMでは、40km/hほどで先頭を牽いての下がり際で番手のmnmさん、さらには次のsghrさんも猛加速で50km/hに届きそうなスピードに。油断していて最後尾に付き損ない、全力スプリントで何とか追いついた。いっぱいいっぱい。堪らんです。

R403ではやや落ち着くも、45km/hほどで巡航。追い風なのに、ちっとも楽じゃない。

新津東バイパスの坂では、登りも緩い下りも踏み倒して追い込んだ。

阿賀浦橋でsghrさんと別れてからの帰路は、当然ながら強い向かい風。30秒の先頭ノルマを自分に課して、追い込んでみた。
定刻スタートなので、ショートだと帰宅後の時間に余裕があって良い。そして、朝ご飯が美味しい。

晩秋に向かうこの時期の朝錬は、こんな感じで良さそう。