2018/07/16

2018/07/16(Mon)

○ 角田浜トレイルロングx3 1時間0分 NP221W 77TSS 144bpm

----------

海の日の海岸清掃と絡めて設定された定例作業
エベッティーニさんと打ち合わせて515集合→530スタートで走ってから、7時からの作業に参加しようと。

一発起床できず、mngwさん邸で刈払機をピックアップして、角田浜到着は525。失礼しました。

新タイヤ MAXXIS ARDENT RACE 29x2.35 120TPI EXO-PROTECTION 3C-COMPOUND
をこれまでよりやや低い1.45barにセットしてスタート。昨日も走っているエベッティーニさんの背中を追いかけて。

オフロードライド自体、2週間前の田沢湖以来。角田浜トレイルは、妙高杉ノ原前日が最後なので3週間ぶり。なので感覚は当てにならないけど、やはりエアボリュームからくる走破性の高さ、乗り心地の良さや安心感は、ワンランク上だと感じる。

1.45barでも空気圧は少し高い感じ。後で確認した公式(なのか?)でも、

IKON常用圧1.5barxIKON2.2幅/ARDENT RACE2.35幅 ≒ ARDENT RACEの同等圧1.40bar

となる模様。次は1.35-1.40bar程度を試してみたい。


ライディング自体は、去年のこの時期もそうだったけど、トレイル内は熱が籠り、集中しての全力走は1周が限界。1周目アップ、2周目全力で走るも、エベッティーニさんに徐々に離された。

3周目は、踏む区間では全く踏めずに完全に流し。下り区間だけでも集中しようとするも、序盤の国道沿いの直角左コーナーでフロントからスリップダウン。良いところなく終了となってしまい、印象が良くない。うーむ。


2018/07/15

2018/07/15(Sun)

○ 酒屋クリテ錬DNF 1時間31分 41.7km NP155W 58TSS 117bpm 83rpm

----------

今日もmngwさん召集の練習に参加すべく540市民病院セブンへ向かう。道中っで昨日の疲労がしっかり残ってるのがよくわかって不安に。。

お集まりのメンバーは、mngwさん&hamさん&tnb親方のサガミR勢、ウチのチームはnyoさんとキャンと自分。あとucymくん。思いのほか人数少ない。

コーナーの加速で鬼上げ、後続は全力で前を追い、追い付いたらコーナー間の巡行抑えめで、という練習プラン。普通の練習なら付き位置で休みたいくらいだけど、この練習だと、最後尾は最もキツいインターバルがかかって苦しいだけ。どこまでもつかわからないけどローテをカラ回すことにする。

最初の1周はコースチェックを兼ねて。一時停止3か所、集落を縫うところは道幅狭い。全般に路面も荒れており、結構怖い。
2周目からインターバルスタート。後ろから2番目で最初のコーナーを迎え、インターバルがキツい。マズい。

2周目、3周目となんとか堪えるも、4周目でドロップアウト。脚が無くてまったくかからなかった。暑さも相まって良い練習ができそうにないので、明日の角田浜定例整備前ライドに備えて、このまま離脱。多少はインターバルこなせてるので、やらないよりマシだったと思うことにしよう。

----------

帰宅後、チューブレスレディ交換チャレンジを続行。ビードを片側だけ落とし、ウェブで調べたとおりに目一杯力をかけてみると、ビードは少し浮くものの、タイヤレバーなしでビードをリムにかけるのなんてムリ。やむなくタイヤレバー(もちろん樹脂製)を使ってタイヤを外す。 

続いて新しいタイヤの装着。youtube動画で学んだ工程は、
タイヤを嵌め、ビードを落とす
エアを入れてビードを上げる
片側だけビード落とし、一部ビードを外す
ビードを外した箇所からシーラントを注ぐ
再びビードを落としてエアを入れ、ビードを上げる
という感じ。

まずは嵌めるのに手間取った。。こちらも最後にタイヤレバーを使ってどうにか嵌った

次にAIR SHOTでビード上げ。しかし完全に上がらない。ラインが均一に出ない。さらに、ビードが上がらない箇所を調べてる工程で、リムに凹みがある箇所を発見。タイヤレバーでやっちまったのか?!これでエアが漏れてて上がらないんじゃ?!と意気消沈。。

IMG_20180715_181328

手始めに、やってなかったビードの滑りをよくするための石鹸水塗布を実施。しかしそれでも上がり切らない。

ネットの世界を彷徨い続けて、AIR SHOT充填のみでは空気圧が足りていないのではと気付く。
AIR SHOT充填後に、さらにフロアポンプで3.5barほどまで加圧して、ようやくビードが上がり切った。リムの凹み箇所からも漏れていない模様で、まずは一安心

そして、片側のビードを落とし、一部をリムから外す。そしてシーラントを注ぎ、再びビードを落として、AIR SHOT → フロアポンプで3.5barまで加圧。無事にビードは上がった。

前輪は、コツもつかめてスムーズに作業を進められて、手戻りなく作業を終えた。回して揺すってシーラントをなじませる。
あとはこれで低圧で走って、エア漏れや「ゲップ」が無ければOK

IMG_20180715_181250

右掌の皮が剥け、両親指の爪の生え際には血が滲む。両手の至る所が痛い。大変だったけど、良い経験になった。次も自分でできると思う。




2018/07/14

2018/07/14(Sat)

○ 新津丘陵練 3時間27分 98.8km NP207W 234TSS 132bpm 82rpm

----------

前夜は急遽の残業で24時就寝で、420定刻目覚ましでは一発起床できず。招集のあった505定刻亀公には間に合わない。
左膝と寝不足が懸念だけど、540市民病院セブン集合のmngwさん召集の丘陵練に向かう。

セブンにはメンバーいっぱい。mngwさん、hamさん、mnmさん、tnb親方、ケントのサガミR勢、ウチからはtakeさん父娘、ぱぱさん父子、エベッティーニさん、moeちゃんと自分。ツルマキやucymくんも。2グループに分けて出発

いろいろ不安があって付き位置でラクをしたいところだけど、こういう練習だと、得てしてローテを回ってる方がラクだったりする。なのでカラ回し風味で。
今日も思いのほか脚はある感じ。暑さも、周りのメンバーが言うほど感じず。暑熱順化が進んできたのか?!

道中で、自分が入った前のグループにsghrさん、サガミR新加入の元カルさん、おっぴえ師匠が合流。さらに後方のグループも一団となって、最初の坂、大沢峠へ。

nyoさん、ハヤトマンやケント、hamさんやmngwさんがかっ飛んでいくけどもちろん終えず。淡々と行く。おっぴえ師匠やエベッティーニさん、tnb親方と一団と登頂

いつも高速ローテの平坦県道を経て、菅沢~湯田上温泉の峠越えへ。
まずは菅沢の坂。こちらもかっ飛んで行くメンツにはとても付けない。淡々となメンバーも入りが速くて見送る。
マイペースを刻んで、入りが速かったメンバーを捉えながら登頂。結構脚に来ている。
湯田上の峠はゆっくりと。暑いと、いつもは暑さによる疲労感・倦怠感なダメージが先に来て、最後に脚に来る感じだけど、今日は先に脚に来ていて、マズそな感じがひしひしと。。

続く石油の里~金津峠。マイペースでゴリゴリと。破綻は免れたけど、脚は限界一歩手前な感じ。

最後の表ブルボン~裏薬科で遂に限界。どうにも踏めなくなってよろよろと登頂

下ってバイパス手前のパン屋でブレイク。帰路は単騎で、サガミにそのまま入店すべく向かうも、終盤は左内転筋攣り祭りに。無意識に左の踏み込みを控えてたのかも。

100km近く走ったけど、左ひざの違和感は昨日よりマシな感じ。回復基調かな。