2017/12/05

2017/12/05(tue)

〇 暴風雨阿賀土手ペース走 54分 25.5km NP167W 45TSS 132bpm

----------

今週平日の新潟は荒れ模様の予報。でも週末の全日本に向けて、一度や二度は乗っておきたい。
土曜の雨雪の中の練習で、クロス号を洗う気にさえなれば雨の中だって全然練習できる、と踏ん切りがついた。
真っ暗で暴風雨な中出発

往路の阿賀土手右岸、上流に向けて爆風の追い風。甘えず緩めず出し切った。(つもり)

問題の復路はエラい向かい風で次第に悶絶。。進むのに精いっぱいで、うまく追い込めなかった感満点。キツかったのだけど、出し切れた感が薄くて、データ的にもイマイチ感が。。

2017/12/03

2017/12/03(sun)

〇 角田浜トレイル ロングx6 1時間52分 NP210W TSS143 157bpm

----------

昨夜はチームの忘年会。りゅーまぐ夫妻(仮)が公言どおりMVP獲得!おめでとう!!
IMG_20171202_182103

賑やかに夜はふけていき、2次会、3次会と繰り出したいところなのだけど、明朝は晴れ予報。来週末の全日本のために、角田浜トレイルで走り込まなきゃいかん。ということで泣く泣く1次会で撤退

今朝はやや二日酔いながらも早く起きられて、補給やコーヒーの準備をして7時15分出発、45分角田浜着

駐車場には既に何台かの車と、tnb親方、そしてロード練途中のhamさんとタイルーさんの姿が。駄弁っていると、昨夜もご一緒したエベッティーニさん、そして連勝で意気上がるタイガーがやってきた。

エベッティーニさんから2時間6周でどうだ、とのご提案。クロスで2時間は体が持たないのでは?!と半信半疑ながらも、とりあえず行けるところまで行くことに。先頭エベッティーニさん、次に自分、後ろにタイガーの順

まずはアップがてら1周。2週間ぶりのトレイルライドに目がついていかずあたふた。おまけに昨日の雨でまだ路面が濡れていて、セミスリックのチャレンジ・シケインには厳しいコンディション。特に丸落ち~桜坂間は広葉樹の濡れ落ち葉が多くて、恐る恐る下る、という感じ。

そんななか、タイガーが、丸落ちはチェーンリングが当たりそう(降りて自転車を当ててみたそうで)というので、初めて、丸落ちをクロス号乗車で行ってみた。チェーンリングは当たる(というか擦る)ものの、難なくクリア。身構えるほどのことはなかった。でも、ドロップオフで下りながらとなるここでの降車・乗車が、自分の降車・乗車の技術を上げてくれたわけで、やはりここでは降車・乗車しようと決める。

1周回って起点に戻ったところで、3人共に上着を脱いで、周回開始。やはりペースメーカーはエベッティーニさん。
ミドルの激坂でのミスや、桜坂の直登 or エスケープで前後の入れ替わりがあったものの、基本、その順番で周回を重ねて、計6周、2時間弱で終了

基本、下りでエベッティーニさんに離されて、平坦や登りで踏んで追い付く、の繰り返しで、思いのほかキツかった。路面が徐々に乾いてきて、下りにも慣れてきて、徐々にエベッティーニさんに離されなくはなった。タイガーが、ホントに下りが速くなっていて驚いた。

ブレーキ(=手・腕)が厳しいのでは、と心配だったけど、それほどでもなく、先週末の野辺山のほうがずっと厳しかった印象。腰も、このくらいのペース(18分前半)であれば2時間もった。

厳しかったのは、発汗と水分補給。やはり角田浜は海流の関係か暖かくて、プレオル長袖ジャージに秋冬長袖アンダーでは暑かった。アンダーは半袖が良さそう。長く走り続けるためには、冬でもボトル(ケージ)が必要だ。

良い練習になりました。エベッティーニさん、タイガー、ありがとうございました。

2017/12/02

2017/12/02(sat)

IMG_20171202_092410

〇 クロス号で阿賀土手ペース走 1時間23分 36.7km NP213W TSS113 151bpm

----------

土曜朝は荒れ模様。午後から回復の予報だったけど、予報外れて回復せずで走れなかったというのは避けたいところ。

雨雪の天気の中、久しぶりに職場ジムで3本回すかとも思ったのだけど、クロス号で外を走ることにした。
ヘルメットカバーがあるし、メンブレンジャケットを着れば上半身は濡れないし、靴は通勤シューズがゴアテックスで防水だし、グローブは先日買った防寒テムレスを試してみたいし。屋根積みで荒れ模様の中で野辺山往復した後、クロス号を洗車してなく、どうせ洗車するなら外を走ってしまえばよいと。

阿賀土手右岸の阿賀野川TTコース(泰平橋~横雲橋)でペース走を3本。まずは上流へ向かう往路。大阿賀橋を過ぎてから向かい風が強まる中、最後まで出し切った。
続いて追い風基調の復路。最後まで甘えずにこちらも出し切った。
最後に大阿賀橋で折り返すコースで。こちらも気持ちを切らさず、最後まで力を尽くせたと思う。

防水のはずのゴアテックスのシューズなのに、中盤くらいから盛大に浸水した。タイツ~ソックスから濡れていった模様。何とかならないものか。