2015/04/10

2015/04/10(fri)

image
○ 亀公朝錬 1時間43分 52.2km 167W TSS101

----------

前夜に招集。4時15分にしっかり起床。予報どおり6℃ほどなので、ジャケットにベスト、2XUのサーモタイツ、ソックスシューズカバーと真冬装備から一段階軽装で。

お集まりのメンバーは、るっくさん、mnmさん、おっぴえ師匠、hamさん、sghrさん、okaさん、でらくん。スタート前の駄弁りで、あす開催のLink Tohokuの福島でのレースにエントリーしてるおっぴえ師匠が、明後日日曜に開催だと勘違いしてることが判明。なんと前泊の宿も予約してたそうで。話題になって良かったですねだけど、天気も悪そうでお気の毒です。。

8人で出発。うちローテを回すのはhamさん、okaさん、でらくん、自分の4人。勤務の都合かokaさんが車場交差点で離脱し3人に。この頃にはmnmさんの姿が見えなくなる。

R403に入ると向かい風強し。3人ローテではスピードが上がらない。いっぱいいっぱいの状況で丘陵に。薬科大は、前方で競るhamさんとでらくんを見ながらゆっくり登頂。ここでhamさん離脱。裏ブルボンではでらくんに貼りつくも、頭数が減る復路のことが気になって、最後にスプリントするでらくんを見送る。弱い。。

ブルボンを下って、でらくんの提案で能代川沿いへと向かう。上流はまだ5分咲き程度だけど、下流はほぼ満開で見ごろな感じ。来週前半に朝錬できたら、ぜひ往路で通りたいところ。

下水処理場でsghrさん、でらくんと別れて、あとはるっくさんと2人で。6℃は思ってた以上に寒さが堪える感じでキツかった。

明日土曜は雨予報。しっかり休んで日曜の練習に備えたいところ。

2015/04/09

2015/04/09(thu)

○ 亀公朝錬 1時間42分 51.9km 202W TSS128

日曜~火曜は天気に恵まれず練習なし。

昨日水曜は晴天。招集かかるも、火曜夜に残業。目覚ましに気付くも、何度かスヌーズを止めて二度寝をかまし、次に気が付いたら4時45分。。その次に気付いたら6時半という体たらく。冷え込む予報(に弱含みとなり、走りたいという気持ちが高まらなかった。弱い。。

汗浸水により代替品を発注してたPowercalが昨日到着。早速ペアリングして、今朝初使用。全く問題なし。

今朝は4時15分の目覚ましで一発起床。2℃の予報、アメダスでは0℃台のため、真冬装備をしっかり着込んで出発。先日オクで落とした中古の2XU SUB ZEROグローブも初使用。
ほぼ無風のためか、走り始めは寒さを感じなかったものの、すぐに指先が痛くなった。これまで使い倒したルイガノのに比べてグリップ感は良好だけど、防寒力には大差ないかも。。高ケイデンスで体を温めて、亀公到着のころにようやく痛みが引いてきた。

お集まりのメンバーは、招集主hiroくんに、mnmさん、おっぴえ師匠、sghrさん、fjtさん、亀公出発時に居るのにびっくりなotaさんに、春休み終わっても意欲的なインテリ高校生ymzkくん。8人で出発。

やはりhiroくん、でらくん、fjtさん先頭時の牽引が強烈。日月火水と4日乗っていなくて休養は十分でも、間隔が開きすぎると高負荷に順応できない。キツい。。

何とか堪えるも、R403の信号からの加速でトラックペーサーしようと飛び出した若者に付いて行ったらそこで終了。心肺も脚も腰もいっぱいいっぱい。こうなると回復できない。丘陵も復路も惰性で付いていくのみ。
そんななかでも収穫は、いっぱいいっぱい感が先月のクリテリウム練並みだったにもかかわらず、ハンドルにしがみ付いてる感じや前乗りで尻が落ち着かない感じがなかったこと。ポジション変更がうまくいったかなと。

明日も晴れ予報。がんばろう。

2015/04/04

2015/04/04(sat)

image
(午後に出かけた瓢湖にて)

○ 午前練 安田~豊浦ファストラン 2時間13分 71.2km 32.2km/h 138bpm

----------

一昨日・昨日の亀公、昨日の残業の疲れがどっと出て、朝錬の招集あったのに今朝は起きられず。。

何度か再生を試みたPowercalだけど、もうダメな模様で、昨夜代替品を発注。てことで今日は使ってなかったキャットアイの心拍のみのセンサーを着用。大振りなセンサーだけど、着用感は良し。

昼までの門限で安田方面に向けて出発。大阿賀橋を渡って阿賀野川右岸側に渡り、土手道の一本陸側の県道を遡上。集落を縫っていく感じで風景が変わっていく。信号ほとんどなし。初めて使ったけど良い道でした。

安田でほんの少しR49を走った後、R290を新発田方向に。雪解け水で流れが豊かな道沿いの水路が綺麗だ。

月岡を過ぎて、豊浦支所の裏山を登り、福島潟経由で帰路に。福島潟の菜の花は咲き始め。桜はまだ。
終始、思いのほか良いペースを維持できた。