2014/09/20

2014/09/20(sat)

◯  チーム練  阿賀土手泰平橋~横雲橋往復x2+x3  2時間54分  101.2km  202W  TSS243
・  5分走#1:3.05km  258W  101rpm
・  5分走#2:3.12km  279W  97rpm
・  5分走#3:3.50km  280W  97rpm
・  5分走#4:2.88km  229W  95rpm
・  5分走#5:3.58km  270W  99rpm
・  5分走#6:2.93km  270W  93rpm
・  5分走#7:3.33km  267W  96rpm
・  5分走#8:2.88km  258W  95rpm
・  5分走#9:3.02km  246W  94rpm

----------


てぃーエース企画、三国川ダム対策の5分走リピート練習。4人1組で先頭固定5分走、交代後は回復意識、を繰り返すもの。3往復して休憩後にもう2往復する計画。

てぃーエースやnyoさんと同組で引きずり回され、先頭引いた後に千切れる…そんな厳しい練習になるイメージ。少しでも長く生き残るべく、先日譲っていただいたBORA G2を前夜に装着。

泰平橋東詰のローソン6時集合。軽量化に手間取って、一番近い自分なのに遅刻。すみません。

なのだけど、肝心のてぃーエースもまだ来てない。メールにも電話にも反応なし。やむなく集まった大勢のメンバーを組み分けして始めることに。

【1組】
るっくさん、職場の先輩ynymさん、お初な道産子enmtさん
【2組】
takeさん、sghrさん、okaさん、自分
【3組】
nyoさん、でらくん、fctくん、hiroくん

各組1分差でスタート。
自分の順番は4番手。3人の5分走を見てから。okaさん速い。takeさんはペース走慣れしてる感じで上手い。sghrさんはぎっくり腰からの復帰途上で本調子じゃない感じ。

自分の最初の5分走は、追い風の復路。3人共に後半につれスピードが落ちていってたので、後半に粘れるように意識。何とか粘れた。

15分のレスト。自分の次のokaさんが速くて、下がり際に付き切れしそうになるのを何とかこらえる。その後は徐々に回復して、次の次、takeさん先頭の終了ころには回復十分な感じに。sghrさん先頭時には余力ある感じになった。

その後sghrさんが離脱されて3人になるも、そんな感じなので、5分走では力を出せていたと思う。

途中、hiroくんが離脱し3人になった3組目に抜かれながらも、手の届く距離を保って、nyoさんの勘違いのため2往復で1本目終了。

休憩していると、てぃーエース登場。大寝坊だそうで。大事なくて良かったよ。

2本目は1本目の不足分を取り戻すべく3往復に。1組にてぃーエースが加わってあとはそのままで。わが2組目はローテ順変更。okaさん→自分→takeさんとなった。

okaさん先頭時の番手がキツい。次に先頭に出て5分走するも、疲労感満点でスピードが上がらなかった。5分走後のtakeさん先頭時に回復に集中。okaさん先頭時も何とかこらえて、次の5分走は上手くスピードに乗れた。

4人になった3組目に抜かれ、一旦抜き返すも、その後は引き離されていく。
そうこうしてるうちに、takeさんが限界宣言して離脱。2人になってしまった。
1組も沢口さんが遅れ、3組もでらくんとnyoさんが遅れて2人なっている。

2人になると回復が追いつかず途端にペースが上がらなくなる。ほぼ平坦とはいえ結構な距離を高負荷を繰り返しながら走ってきて、疲労も蓄積。レスト時にダンシングやストレッチを入れて腰や脚の疲労軽減に注力するも、最終3往復目の復路、残り5分1本できるかどうかのところで先頭が回ってきてギブアップ。あとは流して終了。

100km近い距離をこなしたとは思えないほど、あっという間の練習だった。5分走とその回復に求められる集中、集団走行、別組との時間差走行。それらが上手くハマっていた。力の差があるメンバーそれぞれに高いトレーニング効果をもたらすと思う。企画してくれたてぃーエースに感謝。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字