2014/09/24

2014/09/24(wed)


○ 亀公朝錬 1時間45分 56.7km 186W TSS130
 ・ 横雲橋~大阿賀橋5分走:3.24km 178bpm 130W(←低過ぎ) 98rpm

-----------

一昨日、昨日は練習休んで左膝の養生に注力。一昨日は1日残っていた夏季休暇を使って、午前中にサガミさんオススメのなかい針灸治療院さんに。
診療までの1時間半の待ち時間は、たまってたブログを書いて有意義に。診療・施術は丁寧で好感が持てた。何より保険適用なのが大きい。初診で千数百円、周りの患者さんのを聞いてると再来は数百円ほどのようだ。しばらく診ていくとのことで、来週の分も予約。今度こそ改善がみられるか。期待したい。

昨日朝は、違和感はほぼ消えてたものの、朝冷え込んでたので自重。家事と子どもの勉強への付き合い、そしてブログ移転作業で一日ゆっくり過ごした。そして、今朝にしっかり負荷をかけるべく、朝錬招集。

亀公に集いしは、mnmさんとでらくんの2人。久しぶりの少人数の朝錬に。

でらくんが積極的に長引き。自分も、3人だけ、そしてレース前で負荷をかけなくてはいけない状況もあって、しっかり引くように心掛けた。

さるきちくん交差点でotaさん合流。少人数な寂しさがまぎれました。

表ブルボン。先頭を引っ張るでらくんのペースに抵抗。離されそうになったらダンシングでペースを上げて貼り付く、を繰り返す。粘る。しかし頂上手前で置いていかれた。

裏薬科。入口からアタック気味にでらくんがかけていき、mnmさんが応じる。自分はペースを守って後ろから。mnmさんが左コーナーでタレ、前方のでらくんもタレてるっぽく見える。上ハン持って、ペースを上げる。でらくんの背中を捕らえるも、最後の緩斜面での加速に付いていけず。。

裏ブルボン。さあこれがレース前最後(の坂での高負荷)、とでらくんと自分自身にハッパをかける。
ペースを刻むでらくんに張り付く。息は上がらないものの脚がいっぱいいっぱい。mnmさんがまくってきて、でらくん応じるも、自分にその脚はなく。。坂では良いところなかったけど、追い込めた。

復路阿賀土手は再びでらくんの長引き。横雲橋手前ではmnmさんが捲くって2人スプリント。南魚沼に向けてのエールですな。

そんなでらくんに刺激をもらって、彼が離脱した横雲橋からmnmさんを従え5分走。入りが速かったようで、先週土曜のようにうまくいかない。終盤に向かうにつれどんどんタレてきて、mnmさんから檄を飛ばしていただく。何とか粘って大阿賀橋の下でちょうど5分。出し切った。

明日は雨予報。日曜のレースは5分の登坂が3回あるけどわずか26km、40分ほどか。金曜土曜と刺激を入れて、レースに備えたいところ。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字