2014/09/27

2014/09/27(sat)

IMG_3759[1]
○ 亀公朝錬 付き位置 1時間50分 54.7km 154W TSS94

----------

久しぶりに亀公ジャージをまとって出発。凄まじい向かい風で、亀公到着は5時8分。すみません。
メンバーはるっくさん、おっぴえ師匠、mnmさん、tnb親方、fjtさん、hiroくん、に加えて何と長岡から自走(ホントにやるとは!)の亀公のアイドルngoくん。8人で出発

亀公の道中と同様に、往路は凄まじい向かい風。そんななか、おっぴえ師匠はこの後orzの土曜練(南部線~やまびこ通り)に合流されるとのことで、明日レースの自分と共に付き位置維持。おっぴえ師匠に貼り付かせていただく。
 
セーブオンへと向かう農道に入って、ngo選手の先頭牽引で集団崩壊。1か月丸々自転車乗ってないとか、ホントなんですか?!
おっぴえ師匠の後ろに貼り付いたまま、千切れていくメンバーをかき分けながら前方へと上がっていく。それでも左斜め前から吹く爆風により、かなり脚を消耗。明日のレースに向けて、いっぱいいっぱいの動きがイメージできたって意味で良いことだ、とポジティブに考える。

セーブオンの信号で仕切り直し。小阿賀野川沿いは一団のまま進めたものの、阿賀土手に入って再び集団崩壊。阿賀浦橋で再度仕切り直す。
ここまででかなり脚も消耗したし、ここで離脱しようかなぁと漏らすと、ngoくんが「あとちょっとですよ!帰りは追い風じゃないですか!」と悪魔のささやき。誘惑に負け、新津丘陵へと向かってしまう。弱い。だって楽しいんだもの。。

阿賀浦橋からは当然に集団バラバラに。後ろに付かせてもらって温存した脚で、先頭のngoくん、fjtさん、tnb親方のところまで上がって、一緒に走らせてもらった。 
坂はさすがに自重。表ブルボンを1人でゆっくり登り、裏薬科はパス。裏ブルボンも1人ゆっくり登らせてもらう。ここでokaさんが合流

復路も阿賀土手への道中こそ集団最後尾でがんばったものの、追い風の阿賀土手は1人自分のペースで。阿賀浦橋でお待ちいただいた皆さんと一団になるも、その後はまた1人で。大阿賀橋で信号にかかった皆さんと一団となり、泰平橋まで最後尾で一緒に。

今朝も楽しく走れた。ご一緒の皆さんありがとうございました。ちょっと走り過ぎた感はありますが、明日は精一杯がんばってきます。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字