2014/10/19

2014/10/19(sun) クリテリウム新庄大会

(Photo by Yasuki Abe  落車を寸前で交わしての単独ゴール)

(はるばる応援においでいただいたorzのiwskさん。ありがとうございました。)

○ 一般Bクラス(3.0x10=30.0km)21位/30人中
○ 個人TT(2.4km)23位/65人中 3分34秒91(+20秒02)
・  リザルト

・  YouTube(一般Bクラス)
http://youtu.be/cllgo5B68sY

----------

0430 積込出発
0740 新庄着、受付、試走
0830 開会式
1120 アップ
1200 一般男子B招集(1210スタート)
1400 男子TT招集(1310スタート)
1600 新庄発
1930 新潟着

----------

るっくさん、mnmさん、hamさん、親方、abyさんと新庄クリテに参戦。現地では昨年の年代別覇者ngoくん&フィアンセとも合流してわいわいと。

体調は依然低調。腰が痛いし、声もおかしいまま。とはいえここまできたらやるしかないわけで、やるべき準備をしっかりやって、あとはなるようになれという感じ。

現地に到着して、運動公園沿いのバーベキュー用東屋に陣取って、ローラー台等セット。自分のクラスは昼近くのスタート。以前走ったレースでコースも単調なので、試走は止めてリラックスしてレースに備える。

皆さん出場の各年代別クラスの応援を終えて、準備&アップ。少々時間が足りず、1分走→2分レスト→2分走で終了。3分走までやりたかったところ。

おまけに、今回初めて試した100均強力磁石でのゼッケン留めがまったくダメ。4角それぞれがくっつき合い、るっくさんの助けを得るもワンピを着たままでは付け直し不能な状態に。さらに親方の助けを得て、大慌てで安全ピン止めにチェンジ。何とか出走前のバイク・装備確認に間に合った。

スタート。試走をしてないので、1周目は気を付けてコースをチェック。路面の悪いところ、マンホールやグレーチングを確認。
この1周目は位置取りが悪く、最終コーナーへの進入・立ち上がりが集団後方からとなって立ち上がりで脚を使う。失敗。2周目以降は、2つのコーナー共に、コーナー侵入までにイン側から集団前方へ位置を上げる→コーナー立ち上がりでは脚を温存してつつ番手を下げる→コーナー侵入までに集団前方へ上がる、を繰り返した。

中間スプリント賞(賞品は肉とのngoくん情報)のかかった5周目、一気にペースが上がる。バックストレートで5人ほどの抜け出しに乗ってみるも吸収。5番手くらいで最終コーナーを抜け、フィニッシュラインが迫ってくるホームストレートへ。ジュニア用ショートコースの最終コーナーの交差点くらいからスプリントすると良いとのngoくん情報が頭に入っていたので、そこと思われるところから前方を捲くって先頭に出てスプリント開始。ところが、SGラインが迫ってこない。工業団地内の同じような風景の中で、かけるべき交差点よりも1つ早い交差点でかけ始めてしまった。2人に捲くられ、3番手でフィニッシュライン通過。無念。。

6~8周目は大きな動きなし。レース前半と同様に動きつつ、落車に注意して走った。9周目、さすがにペースが上がってくる。うまくできてたコーナー前の番手上げが、イン側に出る選手が多くなってうまくできなくなってくる。
 
最終ラップ。最終コーナーまでにうまく番手が上げられなかったけど、焦りはなかった。最終コーナーからかなり距離があるので、早く番手を上げ過ぎると、中間スプリントの時のようなことにもなりかねない。脚は十二分に残っていて自信があった。
10番手くらいで最終コーナー通過。さあここから勝負、というところで、5番手あたりにいた数名が絡んで落車。左右に逃げ場がなくてやむなくパニックブレーキ!!何とか間に合って完全停止できて、落車は免れた。あとはゆっくり走ってゴール。
 
結果は伴わなかったけど、無事にシーズンを終えられて良かった。
この後にngoくん出走の20代クラスのレースがあって(彼も撃沈)、2.4kmの個人TT。勝手にDHバーやディスクホイールは禁止だと思い込んでたのだけど、TTバイクな選手がごろごろと。もちろんこうした選手に歯が立つはずもないので、レース前から意気消沈。それでも、3分半せいいっぱい力を尽くした。
 
レース後の抽選会はtnb親方が舞茸をGETしたのみ。まあボウズよりは良かったか。
 
帰路は白糸の滝ドライブインでの休憩のみでバビューンと帰ってきた。るっくさんに風邪が感染ってないと良いのだけど。皆さんお疲れさまでした。


コメントする

名前
URL
 
  絵文字