2014/11/30

2014/11/30(sun)


○ 弥彦野積~観音寺往復 4時間10分 119km 150W TSS227

----------

本日をもって冬季封鎖となる弥彦山に最後の登頂をしようとtakeさん招集のチーム練に出走。昨日に続いて今朝も暖かく14℃ほどもあり、集合場所までの道中でベストを脱いだ。グローブも指切り。

メンバーはtakeさん&カリンちゃん、棒燃監督&エイ会話、ぱぱさん&エースくん、hndくん、hamさん。サイクリングって話だったのに、角田を前に40kph近いペースに。結局いつものチーム練と変わらない。。

五箇峠への道中で、ORZ練に混ざってたおっぴえ師匠を吸収・合流。さらに野積口手前でスターさんが合流。野積からゲートまではゆっくり登って、ゲートからはhndくんやhamさんが少しずつペースを上げ、少しずつ人数が減っていくいつもの感じに。

稜線に出るころには、hndくん、hamさん、自分、そしてエイ会話の4人に。エイ会話が苦も無く付いて来れてるのには驚いた。最後のトンネル手前で自分がついていけなくなり、最後はhndくんとhamさんのバトルになるも、ギリギリまでエイ会話が付いていた。そういや道中の平坦も余裕そうだった。棒燃監督の巧みな鍛えぶりが伺える走りだった。秋から冬、そして春に向けて一皮二皮剥けそうな感じ。楽しみですな。

さすがに標高の高い山頂は寒くて、すぐに体が冷えてしまった。下りも寒かったけど、下界に下りた後は、暖かかったおかげで、すぐに寒さを忘れることができた。

弥彦神社~五福トンネルと巡ってR402へ。灯台の坂や角田T字へ向かう坂では、脚が疲労で動かなかった。気温が高めとはいえ、この時期にこれだけ走って、膝の痛みが出る前に脚が終わってしまうなんて数年ぶり、ケガして以来初めてではないかと思う。 なかい整骨院さんの治療の効果なのか。

喫茶小休憩後、新川まで追い込んで、その後は二日酔いで不調なtakeさんを引っ張る形で先頭固定で関屋分水まで。もう脚が動かない、回らない。最高の疲労感を味わいながら家路に。皆さんお疲れさまでした。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字