2014年10月

2014/10/16

2014/10/16(thu)

○ 往路阿賀土手単騎→復路阿賀土手亀公 1時間15分 39.5km 167 W TSS72

----------

目覚めて時間確かめると、もう定刻亀公に間に合わない時間。ここのところ目覚ましかけ忘れてもしっかり起きられてたのだけど。一昨日あたりから少し喉が痛くて風邪をひいたっぽいのも影響してるかも。復路合流な旨をポストしてから準備にとりかかる。

外気は12℃とのことで、昨日より2℃ほど低い。ベストを背面がメッシュのものから防風素材なものにチェンジ。昨日午後から夜にかけて、左膝に出る痛みとは違う感じの痛みが右膝に出たので、左右共に大腿筋膜張筋と中臀筋をしっかりほぐしてから出発。

空気が冷たくて走り出しは寒かったものの、すぐに温まって早々にベストを脱ぐ。
亀公には寄らず、卸売市場から横越を抜け、北方文化博物館近くから阿賀土手に上がる。
今朝も下ハン縛り。向かい風なものの、下ハンとBORA G2効果で30km/hは下回らずに走れる。

阿賀浦橋を過ぎたころから、お腹が不調に。ベスト無しで冷えてしまったか。だましだまし走り続ける。

高速の高架を目の前に、でらくん先頭の亀公列車が見えてきて、折り返して飛び乗った。
メンバーは、先頭からでらくん、okaさん、mnmさん、輪島E1勝ったばかりのてぃーエース(!)、sghrさん、おっぴえ師匠。

てぃーエースが先頭に出ると、恐れていたとおりペースアップ。付き位置のsghrさんが付き切れしかけて、これはマズいと一気に加速。おっぴえ師匠を飛び越して、てぃーエースの真後ろに付く。

mnmさんも千切れてしまい、残る4人で回していく。ここらあたりから雨が当たって路面もウエットになり、注意しながらも全開でローテ。阿賀浦橋の信号ストップで仕切り直しに。sghrさん、でらくんはここでお別れ。

てぃーエースの鬼引き変わらず。mnmさんが千切れ、大阿賀橋でokaさんがいつもどおり離脱する。その大阿賀橋からの全開加速で、タイミング良くトラックのドラフティングに。3番手のおっぴえ師匠が千切れて、てぃーエースと2人で大阿賀橋まで。最後はかなりラクをしてしまい、ちょっと失敗。

寝坊で半亀になってしまったけど、フルに走っていたら、復路でのてぃーエースマンツーな走り(日曜に向けて最高の火入れ)はできなかったはず。てことで結果オーライな良い練習でした。てぃーエース始め朝錬メンバーに感謝。

帰宅したら口唇ヘルペスができててがっかり。日曜のレースに向けて、明日明後日はしっかり休んで整えたいところ。

2014/10/15

2014/10/15(wed)


(mnmさんfbから拝借)
○ 亀公朝錬 1時間42分 56.0km 194 W TSS123

---------

起きて確認すると外の気温は14℃。いくぶん暖かい感じなのでニーウォーマーで。ベストは亀公到着後に脱いでポケットへ。

お集まりのメンバーは、るっくさん、mnmさん、hamさん、fjtさん、sghrさんと今週末にレースを控えたメンバー。ところがsghrさんはご不幸があってDNS濃厚とのことで残念。野辺山に期待ですね。

2日休んで脚もフレッシュ。今日も登りを除いて下ハン縛りで。下ハンでの力の出し方が少しわかってきたような。
先週末からBORA G2を着けたままで、下ハン巡航が気持ち良い。調子に乗ってペースを上げてみる。

セーブオン手前の農道クランクに先頭で突入。出口で思いっきり加速して、新庄参戦の後続メンバーにクリテリウム的負荷を味わっていただいた。これには、帰路でるっくさんから盛大なダメ出くことに(笑

小阿賀野川沿い、阿賀土手ではhamさん、fjtさんのシュースイコンビがいつもどおりの力強い引き。るっくさん、sghrさんが切なそう、と思ってた矢先に2人が千切れる。残る4人で新津丘陵へ。

表ブルボン。hamさん、fjtさんに付いていけず、追い込みきれず。裏薬科も、ばびゅーんと行ってしまった2人に付いていけずに追い込みきれなかった。
ここでるっくさん、sghrさんと再合流。hamさんとお別れ。

裏ブルボンは先頭で入って、一定ペースでガマン大会。だんだんと後ろを走るメンバーの気配が消えていく。メーターを見ながら、23km/hを下回らないように粘りに粘って出し切った。

復路阿賀土手でもfjtさんが元気。自分も出し切る覚悟で先頭を引いた。そんなちょうど自分が先頭の時に、ダンプトラックに追い越されて、ほぼ無風となるドラフティングが発生。これに乗じて一気に加速して、自分自身とメンバーのクリテ対策のために追い込んだ。

阿賀浦橋でいつもどおりfjtさん、sghrさんが離脱して、mnmさん、るっくさんと3人に。長引きを心掛けて、阿賀のかけはしを前に新庄を想定してのスプリント。出し切りました。


2014/10/13

Campagnolo BORA G2 & MAVIC GEL280・GL330+FRM Carbon

いただきもののBORA G2
新庄に使用すべく、土曜日に既に付いてたタイヤを剥がし、手組決戦に付けてたRACE A EVO2に貼り替え。
前輪はリムセメントだったものの、後輪はチューブラーテープで貼ってあって、テープ剥がしに苦戦。。

キッチンスケールを消費増税前に新調してホイールも量れるようになったので、スプロケも外して重量を実測。


F:740g+R:948g=1,688g
重い・・・けど、コスカボ第2世代よりずっと軽い。

そして、手組決戦も実測。


F:553g+R:785g=1,338g(リムセメント跡大量付着)
BORA ONE35(のカタログデータ)と同じくらいの重さ。結構軽い(よね!?)

2014/10/12

2014/10/12(sun)


(るっくさんfbから拝借)

○ 新庄クリテ対策練→NCM応援 2時間45分 82.3km 145W TSS135
 ・ LAP1:10分54秒 173W 142bpm 92rpm
 ・ LAP2:10分40秒 204W 153bpm 95rpm
 ・ LAP3:11分07秒 194W 150bpm 93rpm
 ・ LAP4:10分11秒 226W 162bpm 96rpm
 
---------

hamさんプレゼンツな新庄対策練の2回目。昨日、新庄で投入予定のBORAG2のタイヤを決戦手組から貼り替えて、今日の対策練で投入。昨日の疲労が猛烈に残っており、集合場所への道中がキツかった。

お集まりのメンバーはhamさんのほか、るっくさん、mnmさん、tnb親方、fjtさん、okaさん、hndくん、fctくん、自分。1周コースチェックの後、先行と追走に分かれてスタート。

【先行】るっくさん、mnmさん、tnb親方(2周目途中で離脱)、okaさん、自分
 ↓ 1分
【追走】hamさん、fjtさん、hndくん、fctくん

昨日の疲労が懸念だったけど、レースモードで走り出すと力がしっかり入って一安心。先行グループは38~40km/hほどで淡々と回していく。1周目の信号はスピードを落としたところで青になり通過、2周目は、離脱直前のtnb親方の引きでギリギリ間に合って通過。追走グループは全然見えない。

3周目の信号は赤になってすぐで到着し、かなりしっかり停車。それでも後ろは見えず。mnmさんと「追いつかれないのもツマラナイですねー」「最後の信号で調節するか」なんて話した矢先、左折コーナー通過後に左後方を見やると来てる来てる!オレンジのhndくん居なくて3人になってる。気合を入れ直す。

最終4周目の後半、ついに追走の3人が合流。fctくんの牽引が協力。一旦離されるも、mnmさん、fjtさん、okaさんを引き連れて全開で追って、最終コーナーで2人を捕らえてスプリントへ。

先頭を引くのはfctくん。後方からokaさんが早掛け。fctくんがブチ抜いていき、自分も追うもまったく届かずの2着。
BORA G2は、加速では重さを感じるものの、コスカボ第2世代ほどではない。高速巡航は実に快適。コーナーやブレーキも問題なし。新庄のレースにハマってくれるか?!

練習後はfctくんと女池サフランで一服。その脚でNCMの応援へ。hashiキャップ、おっぴえ師匠、accoさん、takeさん、エベッティーニさん、職場の先輩tnmさん、スピリットZさん、アベケンさん、tnkさんを応援(通過順)。しかし人人人・・・で、ほか何人もは見つけられず。。応援できた人のうち半分くらいは、オレンジャーな自分を見つけてもらう始末。。出場の皆さん、ちょっと暑かったけど絶好のマラソン日和で良かったです。お疲れさまでした

2014/10/11

2014/10/11(sat)

○  チーム練 巻小周回x4 3時間0分 100.2km 186W TSS207

----------

諸般の事情により昨夜の就寝は1時過ぎ。。で4時45分起床。寝不足感満点でなかなか起きられない。。出発も遅れてしまいペースも上がらず、集合場所到着は5分遅れ。いつもすみません。

招集主nyoさん、おっぴえ師匠、hndくん、fctくん、hamさん、元カルさん、okaさんと出発。角田へと向かうローテーションでやっと頭も体も目が覚めてきた感じ。

角田にはぱぱさん&エースくんがお待ちかね。計10人となり、先行グループと追走グループに別れることに。

【先行6人】おっぴえ師匠、ぱぱさん、エースくん、元カルさん、okaさん、自分
↓ 2分30秒
【追走4人】nyoさん、hndくん、fctくん、hamさん

早速スタート。順調にローテを回していく。1周目の信号は一旦停止したくらいで青に。悪くない。

1周目終わったところで、ぱぱさん・エースくん親子が千切れて4人になってしまう。エースくんの走力からして、千切れるようなペースじゃなかっただけに意外。

4人になってもペースは変わらない。平坦で40km/hほど出ているし、悪くないペース。JAへの登りで元カルさんのペースが良い。おっぴえ師匠とokaさんが千切れかけたので、先頭に出て一旦緩めて一団に。2周目の信号も一旦停止くらいで通過。いいぞいいぞ。

3周目もペース変わらず。とうとうここで信号にしっかりかかる。それでもまだ追いつかれないのではと考えてたけど、信号出発後すぐに追走集団がやってきた。甘くなかった。ここにエースくんがいてびっくり。やるねぇ。

最終の4周目に入ってnyoさんがアタック気味に加速。fctくんが追って、自分も喰らいつけた、と思った途端に今度はfctくんがアタック。これはたまらんと身悶えていると巻漁港への路地から車が出てきそうになってスローダウン。仕切り直しに。助かった。

しかしこのアタックへの反応で脚も心肺もいっぱいいっぱいに。ローテも何回かパス。呼吸を整える。

JAへの登りでfctくんが加速。nyoさんが追い、hamさんと自分も追って何とか一団に。青少年研修センターへの坂でも粘ってみるも、nyoさんが抜け出し、fctくんが追ってドッキング。hamさんと自分は下りを回して追いかける。

とここで無情にも信号ストップ。仕切り直しのスタートでfctくんが抜け出して数秒のマージンを築く。自分はこの加速でいっぱいいっぱいに。nyoさん、hamさん、hndくんのローテに追いつくか追いつかないかのところで粘る。

fctくんと3人の差がなかなか詰まらない。nyoさんが落ち、hndくんが落ち、hamさんが粘る最終局面で、ようやくここで脚に力が戻ってきた自分がダンシングで加速。fctくんも一気に抜いて、そのままフィニッシュラインへとなだれ込むも、最後の最後にfctくんに差されて終了。最後引けなかったのに発射してしまってスミマセンでしたm(__)m

喫茶で駄弁った後、帰路は皆でローテしながら。皆さんお疲れさまでした。