2015年08月

2015/08/31

2015/08/31(mon)

○ 亀公朝錬 R403ルート 1時間35分 51.3km 195W TSS123

----------

週末朝は土日ともに雨、昼間は授業参観、仕事でノーライド。。

てことで月曜朝から招集に乗って亀公へ。mnmさん、hiroくん、そして宇都宮帰省中の落車のせいで見慣れないジャージで現れた短縮乗鞍帰りのnyoさん。今日もブラケット縛りで。

貯め切ったグリコーゲンを乗鞍で消費し切れなかったnyoさんがスタートからアゲアゲ。ローテ回すだけで精一杯。。R403に入ってようやく落ち着く。

薬科大は、登り方を思い出すべくがんばる。どうにも力みがある感じ。
ブルボンは力が入らない感じで、nyoさんに置いて行かれてしまった。

復路は3人でほぼ均等ローテ。阿賀の架け橋手前で出し切った。ブラケット縛りも板についてきた感じ。

2015/08/28

2015/08/28(fri)

○ 亀公朝錬 R403ルート 1時間35分 51.3km 198W TSS135

----------

mnmさん、hiroくん、でらくんとの亀公。
左腰の痛みは、中殿筋の疲労・張りからくるものとのなかい先生の話を受けて、ペダル固定に力を使わなくて良いように、最弱にしてたクリートのフロートを1段階上げてみた。

序盤から若い2人がアゲアゲ。何とか喰らい付く。向かい風が強まる中、途中からは常に回りっぱなしのローテに。これだと全員均等に力を使わなきゃいけないわけで、早々に一杯一杯となり、能代川沿いで付き位置宣言して温存作戦を採る。

皆も一杯だったのか、R403からはでらくんが長引きを開始。余裕有り気なのを見抜かれたか、hiroくんに促されてローテ復帰

丘陵ではでらくんに挑むも返り討ち。

復路ローテもでらくんが長引き。阿賀浦橋離脱後は、均等に回して泰平橋まで。左の腰の痛みは、多少マシになったか。

2015/08/25

2015/08/25(tue)

○ 亀公朝錬 R403ルート 1時間37分 51.6km 200W TSS157

----------

るっくさん、mnmさん、乗鞍を控えたsghrさん、fjtさん、久々kdkrさんと朝錬。来週末の新潟HCに向け、可能な限りブラケット縛りで。

すっかり秋めいて気温が下がるとともに、風のほうも、新津に向かって向かい風が強く吹く秋の風になってきた。

そんななか、今朝はsghrさんの強さがハンパなかった。前に出る度にグイグイとスピードを上げて、mnmさん・kdkrさんを置き去りにし、自分はローテを空回すだけの半殺し状態。fjtさんでさえも、目一杯に見えた。乗鞍に向けて、絶好調の模様。結果が楽しみです。

復路もsghrさんが強くてもうタジタジ。。fjtさんのいつもの満願寺離脱の際、一瞬油断して、kdkrさん&mnmさんの列車に付き切れてしまう。気持ち切らさず追いかけるも、左腰が痛くなってきてペースが上がらない。赤信号に助けられたり、追い越されるバスやダンプのドラフティングに助けられたりで、何度か射程距離に捉えるも、kdkrさんの一本引きに突き放されて追い付けず。
とはいえ、気持ちを切らさずに終盤まで追い込めたのはよかった。

夏までは、左腰の痛みはあってもここまで顕著ではなかったような。。

2015/08/20

2015/08/20(thu)

○ 亀公朝錬 R403ルート 1時間34分 51.0km 168W TSS117

----------

x3だいろ翌日の月曜には左膝の痛みはほぼ感じないように。それでも、朝錬は自重して(お盆以降天気が悪いせいもあるけど)クロス号通勤のみ。

回復が順調に行って、日曜の長岡MTB前に調子を確かめたくなった木曜に亀公へ。

mnmさん、okaさん、ぱぱさん&エース、yoneセンパイと出発。左膝不調を宣言をして付き位置で。
くるくる変わるローテの最後尾を付いていく。これはこれで少しコツも必要だったりでなかなか楽しい。okaさんはR403車場で離脱だったかな。

そうこうするうちに新津丘陵へ。薬科大もブルボンも自分はゆっくりじっくり。ここでリピ錬してたfjtさん、nyoさんと合流して復路へ。

復路も付き位置で。満願寺でfjtさん、nyoさんとお別れかと思いきや。okaさんもぱぱさん&エースもyoneさんも引きずられるように小阿賀野川沿いの離脱ルートへ。mnmさんと自分の2人だけになってしまった。

痛みはないものの、何となく力が入らず、mnmさんに千切られてしまい、少しお待たせすることに。追いついてからは終始牽いていただいて泰平橋まで。とりあえず痛みなく亀公を完走できて一安心

2015/08/17

CONTROL TECH SCORED99 110mm ±5°

image


AUTHOR号付属のステム(DEDA ZERO ONE 100mm ±6°)では自分には短くて、長岡のレースでは手持ちのTIME MONOLINK 110mm ±10°を使用。

初めてのクロスだし、アップライトなポジションにしたい&不恰好にはしたくない(±0°はイマイチ)というところで出物を物色

CONTROL TECHは、よくある±6°でなく5°だと知って、格安出品されてたコイツを落札。
ブランドとディメンション(突き出し、角度、クランプ径)にこだわってたので、特に特定のモデルへのこだわりはなく落札したのだけど、届いてみて当時トップモデル級だったSCORED99と知ってびっくり。

ハンドルバーのクランプはカーボン製だし、このとおり実際軽い。掘り出しものでした。

これくらいの軽量級だと、剛性はそこそこかなと思うけど、ショック吸収も求められるクロス用なので、そこは良し。
しかし、ハンドルやコラムのクランプのしっかり感が、クロスで使えるものなのか、少々不安。。
まぁ使ってみてどうかと言うところ。