2015年09月

2015/09/06

2015/09/06(sun) 2015新潟ヒルクライム

image

(photo by おときちさん)

○ 男性Bクラス 4位/181人 26分25秒(+02分00秒)

----------

0500 積込出発
0540 岩室着
0610 受付・昼食予約
0645 アップ開始(3本)
0705 下山荷物預け実走アップ(五福トンネル)
0730 開会式
0750 スタート地点へ移動
0713 男性Bスタート
1010 下山開始
1115 表彰式・閉会式
1230 風呂、昼食
1400 岩室発
1440 新潟着

----------

付け焼刃ではあったけど、レース前の月曜~土曜にやれるだけの準備をして臨んだ今年の新潟ヒルクライム。参加メンバー等、幸運に恵まれて4位入賞を果たすことができた。


【レース前】

相乗りをお願いしたるっくさん(いつもいつもありがとうございます。)と5時に待ち合わせて岩室へ。早朝なのもあり、R116~広域農道のルートで岩室まで30分余りで到着。早い。

ぽつぽつと雨が当たりだしたのもあって、thb親方オススメ、雨を避けてローラーできそうな旧パチンコ店駐車場を選択。6時オープンとのことだったけど、既に役員もいて開いていた。tnb親方、スター☆さん、hashiキャップもほぼ同着。すぐに3本ローラーを降ろし、軒下にアップ場所を確保

6時前でまだ受付開始前のハズだけど様子を見に受付会場のいわむろやへ。やはりまだ開始前なものの、まもなく始まりそうな雰囲気で、軽量化を済まして表に出ると受付が始まってた。
ほどなくるっくさんもやってきて、2人で受付へ。パワーランチは、いわむろやに隣接かつ風呂とセットで済ませられる「ゆもとや」さんにしてみた。

雨脚が強まる中、駐車場に戻ってアップの準備をして、6時45分ころから開始。キャップやスター☆さんと、今日の展望を駄弁りながら脚を回す。

そうこうするうちに雨が上がった。これなら負荷をかけてのアップは実走で、ということでローラーを切り上げ、着替えて下山荷物を持って出発。いわむろやで荷物を預けてから、五福トンネルの坂へ。2本登りたいところだったけど、時間の余裕を持ちたくて1本で切り上げた。
駐車場に戻って工具やボンベを下ろし、ゼリーを注入して、7時半からのいわむろやでの開会式に出席。

image

(photo by Y田さん)

7時50分にはスタート地点に移動。移動の間にするすると最前列へ。お知り合いな皆さんと楽しく駄弁ってスタートを待つ。前評判の高いみゃーどさん、fjtさん、mngwさんは小柄かつよく絞れている。fjtさんは53kg台だそうで、当日朝62kg台だった自分(数年ぶりに1週間禁酒したのに思いのほか絞れなかった)とは自転車1台分以上の差が。。hamさんも調子良さそう。


【レース】

39歳までのAクラスに続いて3分差でスタート。mnmさん、tnb親方が飛び出していく。
その反面、集団はゆっくり。意図せず自分が先頭に出てしまう。少し下がって最前列キープ。登り始めてもゆっくりで、超人ばもさんやhamさんと駄弁りながら登る。このあたりが実におっさんクラス。。

勾配が少し強まっても、相変わらず誰も前に出てこず、自然と自分が頭一つ抜けてしまう。先行していたmnmさん、tnb親方と共に、ゆっくり登るAクラスの選手に追い付き、追い越す。第1ピークを過ぎ、ゲート手前の急な下りのS字コーナーを減速して注意深く通過。役員がたくさん配置されていた。応援の姿も。

ここで、みゃーどさん、fjtさん、hamさんが先頭に上がってきて、4人パックで急登に突入。しばらく後ろにしがみ付いてたけど、この3人とケンカしてると、この位置のキープも危うい気がして、急登の後半にかけじりじり後退。その姿をアランさんにしっかりカメラに収められる。。

image

(photo by アランさん)

だいろ坂が近づく。Aクラスの選手に遮られて、前の3人は見えなくなった。後方は、たくさんのAクラスの選手を抜きながらなので、誰が同じBクラスなのかハッキリしないけど、すぐ後ろにいるのは今追い越したAクラスの選手ばかり。Bクラスの選手とは少し距離がある模様だ。
ここらあたりにいなきゃおかしいmngwさんがいないのが妙なので、追い上げに備えるためにも、自分のペースを刻むことに注力

いつものだいろ練だと、周りに誰もいないし、勾配はキツいしで、苦しさに気持ちがに萎えてしまうこともあるのだけど、同じBクラスの選手はいないものの、Aクラスの選手がたくさんいるおかげで、気持ちが負けることはなかった。知り合いを見つけては、そして若い吉高や新大のジャージを見つけては声をかけた。そんななか、だいろちゃんに扮したhrtさん(だよね?!と半信半疑)を発見。びっくり。

だいろ坂を抜け、直線の急登へ。ここまでほぼずっと上ハン&38x27のインナーxローを使用。先週の重ギヤ阿賀野川TT練で染みついた80台半ばのケイデンス。
ここで振り返っても、まだBクラスの選手は見えない。急登を過ぎて、勾配が緩み出したところでブラケットを持ってシフトアップしたものの、さすがにもう抜かれることはないな、と気持ちが少し緩んでしまった。反省。。

image

(photo by おときちさん)

頂上付近で大声援を受けながらゴール。表彰台には届かなかったけど、メンバーに恵まれて入賞。今週、雨に負けずにがんばって良かった。

【レース後】

頂上駐車場では、チームのメンバーを始め、お知り合いな皆さん、応援の皆さんと歓談。スマホですぐにチェックできるリザルトを肴にみんなと盛り上がる。
雨は降らずにもったものの、少しずつ寒くなってきて、下山荷物として持ち込んだ冬アンダー、アームウォーマー、ウインドブレーカーが役に立った。

image


gnpi審判長の先導でゆっくりと下り、一旦駐車場で撤収準備してからいわむろやでの表彰式・閉会式へ。

男性A:てぃーエース優勝、王子3位
女性:もえマグロ3位
シングル・ファット:takeさん2位
中学生:エース優勝
小学校低学年:ショーン3位
タンデム:さとりんぎさん&のんちゃん3位

とわがチームから表彰台たくさん。みんなおめでとう。そんななか、4位~6位の選手は本部テントで待たされたのだけど、ここでnyoさん&りんたろうとまったり。りんたろうが可愛すぎてめろめろになってしまった。

image

(photo おときちさん)

そして、雨が強まる中、閉会式後に恒例のチーム記念撮影。年々、少しずつ大所帯になってる。いろいろと引き締めていかないとです。

お楽しみの風呂はるっくさん、tnb親方、そして安堵竜さん&ショーンとまったり。パワーランチのビーフごろごろなカレーは、家庭の味とは一線を画する美味しさ。ボリュームも満足

一緒に走っていただいた選手の皆さん、関係者の皆様、素晴らしい大会をありがとうございました。来年の開催を楽しみにしています。

2015/09/05

2015/09/05(sat)

○ 亀公朝錬・満願寺ショート 1時間8分 33.5km ○W TSS53

----------

昨日は予定どおりクロス号通勤のみで、今朝も予定どおりmnmさん招集の亀公ショート錬へ。
メンバーはmnmさん、るっくさん、fjtさん、yoneセンパイ、okaさん、rskくん。

明日欠場のokaさん&rskくん、fjtさんのアゲがガツガツで、一昨日夕方の疲労が抜け切ってないようで、いっぱいっぱいに。横越セーブオン過ぎの橋から付き位置へ。それでも十二分にキツい。何とか満願寺まで生き残った。fjtさんとはここでお別れ。

あとは駄弁りまったりの流し。村上TAに向けTTバイク錬なsghrさんとすれ違い、バルブトラブルで亀公スタートに間に合わなかったtnb親方と合流。そのまま泰平橋LAWSONでカフェタイム。明日の展望、来シーズンに向けての新車話で盛り上がった。

さて明日はどうなるだろう。付け焼刃的に今週だけはそれなりの準備ができたので、先頭争いをどこまで見物できるか、少し楽しみだ。

2015/09/03

2015/09/03(thu)

○ 夕方阿賀野川TT1時間2分 30.6km 180W TSS73
 ・ 阿賀野川TT往路:14分36秒
 ・ 阿賀野川TT復路:15分26秒 

----------

朝は雨。。
午後から、休出の代休を使って、息子の学校の説明会に参加。親も子も、今後に向け身の引き締まる思いに。良い時間でした。
 
帰宅後、すぐに準備して阿賀土手へ 。また夜は雨の予報。降らないうちに走り終えたい。

今日もヒルクライムに向けて重ギア・ブラケット縛りで。横雲橋へ向かう往路は、若干の追い風基調。夕方で体がよく動くのもあり、一昨日とはスピードの乗りが違う。大阿賀橋周辺で少し雨が当たった。

10分弱流した後に復路。往路でがんばりすぎたのか脚が重い。復路も大阿賀橋周辺で雨、濡れ路面。終盤は日も落ちて暗くなり、ゴールが近づいても見えてこずにキツかったけど、気持ちを切らさずに粘りに粘った。

帰宅後、シャワーを浴びてストレッチ。疲労感がすごくてまいった。
雨ニモマケズ、月曜~木曜と思いどおりに追い込むことができて満足。明日金曜は通勤で流して、土曜は太く短くガツっと上げて、日曜を迎えたい。 

2015/09/02

2015/09/02(wed)

○ 亀公朝錬・R403ルート 1時間○分 ○km ○W TSS○

----------

昨夜かなり激しく降ったものの、起きてみると路面は濡れてるものの降ってない。雨雲もない模様。自転車は昨日汚れてるのでもうどうでも良く、構わず出発。自宅周辺はかなりの重濡れで、昨日の朝よりも水の量が多く感じたけど、亀田に向かうにつれて路面はドライに。

mnmさん、週末に佐渡Aタイプを控えたkdkrさんと3人で亀公を出発。新津への道中も路面はドライ。昨日、一昨日の疲労を脚に感じつつ、今日もブラケット縛りで。がんばり過ぎに気を付けつつ、トラックペーサーまがいの走りも交えて、がんばって牽いてみた。

薬科大の麓にたどり着くと、前方にミドレンジャー。fjtさんだ。抑え目ペースを刻んでるところを、奇襲をかけるべく後から忍び寄ってみるも、シフトダウンの音で気付かれた。。
何とか後ろに貼り付いたけど、少しずつ離されて頂上へ。ブルボンも少しずつ離されて万事休す。。

復路阿賀土手は強い追い風。自分先頭で、ブラケットポジションで50km/h超まで上げたところまでは良かったのだけど、この後から始まったfjtさんの速い・長い牽きに悶絶。。自分⇒mnmさん⇒fjtさんのローテ順だったのだけど(kdkrさん付き位置)、mnmさんほぼ空回しの後のfjtさんの加速リピートがエゲツなく。。fjtさん離脱の満願寺まで何とか堪えられたけど、息も絶え絶えに。日曜の新潟HCで、fjtさんの前に出られるイメージがまったく持てないですホント。。

mnmさん、kdkrさんとの3人になって、終盤は最近恒例の左腰痛発症。何とか堪えて泰平橋まで。
レースウィークに天候不順で気が滅入る中で、最高の朝錬に♪ ご一緒いただいた皆さんに感謝

2015/09/01

2015/09/01(tue)

○ 阿賀野川TT 48分 26.0km 191W TSS55
 ・ 阿賀野川TT往路:15分45秒
 ・ 阿賀野川TT復路:15分46秒

----------

いつもどおりmnmさんが亀公招集。しかし起きてみると、強めの雨雲が間もなく来襲との予測。。とりあえず出発してみるも、テニスコートを過ぎてすぐ、大粒の雨が当たり始めた。レース前に、慣れない雨中練習して風邪でも引いたら何の意味もないので、泣く泣く亀公行きを断念

帰宅して着替えて、退勤後に久々にジムで3本回して追いこむしかないかなぁなどと考えつつ外を見ると、妙に空が明るい。日が出て雨も上がってる。雨雲予測を確認すると、新潟市中心部だけぽっかり雨雲が晴れている様子

夕方にローラー回すくらいなら、濡れ路面で自転車が汚れても外を走ったほうがいい、と腹をくくって、また着替えて外へ。

インターバルが良いのだろうけど、明日の亀公に期待して今日はペース走。ヒルクライム対策で、重ギヤ・ブラケット縛りで阿賀野川TTを往復で。

昨日の疲労もあって(=言い訳)スピードに乗れず、タイムは平凡以下。。それでもレース前週に思い通りに走られて満足。