2018年11月

2018/11/30

2018/11/30(Fri)

○ 近所jog  36分 5.4km 141bpm

----------

起きると予報どおり濡れ路面。でも雨はほとんど降ってない感じなので近所jogへ。ふくらはぎ肉離れが相変わらず心配なので、気を付けてストレッチしてから、ちょっと出遅れて6時過ぎに出発

今日も河渡~逢谷内のコース今日も信号ストップの度にストレッチしてたのだけど、河渡から逢谷内の道中で左ふくらはぎに違和感。しまった。やってしまった。。。出遅れて時間がないせいか、少しだけペースが上がってたのがいけなかったか。
なのだけど、違和感は弱めで走れるので、ホントは走るのをやめてショートカットで家に帰るのが良いのだけど、そのまま継続。違和感から痛みに変わることもなく、逢谷内を回って戻ってこれた。

ガッカリなのだけど、今日は先週、先々週と走った後に出た左膝上部の痛みが一切出ず。原因がはっきりしないだけに、こっちはこっちでうれしい。

走った後はアイシングリピートで養生するのが一番なのだろうけど、仕事でそうもいかないのでロキソニンパップを貼り付け。来週後半から再来週の初めに、また走られるようになると良いのだけど。


2018/11/29

2018/11/29(Thu)

IMG_20181129_063848

○ 亀公単騎ベリーショート 55分 27.3km NP215W 60TSS 141bpm 82rpm

----------

晴れ予報だったのに昨日朝は雨で練習休み。残念。。

今朝は雲は厚そうだけど予報どおり雨はなしで路面ドライ。アメダス気温9℃。少し出遅れて5:45過ぎに出発。今日はベスト無しでも寒くない。
練習時間は短くてもやらないよりマシ。朝ごはんがおいしくなるし。

新MM終点を左折し、木津工業団地前を通過してカガヤキ農園のところから阿賀土手に上がるコースを選択。とにかく時間がないので緩める余裕がなく、自然とペダルを踏み回す脚に力が入って、これはこれでアリかも。良い感じ。

往きは追い風基調。結構吹いてる感じなので、復路がちょっと不安に。。

新MMあたりから少しずつ明るくなってきて、空を見やると雲が厚い。時折うっすら雨が当たる。構わず踏み回す。

阿賀土手に上がって、どんなに向かい風かと思いきや、250Wで35km/hほどは出て、心配してたほどではなかった。
準備時間短縮のため、ボトルを持たずに走ったのだけど、今日くらいの気温・装備だとあった方が良い。1時間弱で帰宅でき一安心


2018/11/27

2018/11/27(tue)

IMG_20181127_060551

○ 亀公単騎ベリーショート 1時間2分 30.1km NP219W 65TSS 134bpm 83rpm

今日も娘が早起きするとのことで、いろいろあって夜更かしな中、晴れ予報の朝を堪能するべく自転車をセットして就寝。4:45目覚まし一発では起きられなかったものの、5時過ぎに起き出せた。

アメダス気温は確かめなかったものの、新潟は5℃台、新津は2℃台(!)だった模様。冬ジャケット・タイツにベスト、頭も手先も脚先も冬装備で。ちょうど良かった。

亀公を通過した後、腰を入れてのペダリングと25OW超を目安にしたけど、踏めず回せずで維持できない。
新MM終点を左折、ローソンを右折して満願寺に針路を取ると、朝日が昇ってくる山々が真正面に。控えめに言ってサイコーです♪

阿賀土手も気合を入れて踏み回すも、250W超の維持は厳しい。ホントはもっとインターバル的に走ると良いのだろうけど、耐えられる気持ちの強さはない。弱い。

明日も朝は天気が持ちそうな予報。娘に刺激をもらって起き出したい。


2018/11/25

2018/11/25(sun)

IMG_20181125_100515
○ 角田浜トレイルロング 1時間29分 NP246W 128TSS 159bpm

----------

朝から晴れ。今日は、ほぼ平行の-17°から-25°の前下がりへとステムを交換したMTBをクルマに積んで角田浜トレイルへ。8時過ぎ到着。久しぶりなのでサグをしっかり併せて8時半にライドオン。1周アップ→4周のつもりでスタート

これまで、クロスからMTBに乗り換えるとまず「曲がらない」という印象だったのが一変。クロスと大差なく曲がる感じに驚いた。スパンスパンと小気味良く曲がるし、前にしっかり荷重がかかってる感じが心地良い。登りでは、明らかにハンドルを引き付けやすく、速く登れると思う。

2周目からはどれだけ良いタイムが出るのか、と大いに期待して走るも、思いのほかタイムは伸びず。3~5周目も同様で、17分台が精いっぱい。一昨日~昨日の疲労はあるけど、影響はそれほどないような。小気味良く曲がる感じが速いと感じさせてるだけで実際は速くない、という可能性も。前輪荷重が増すと前輪の転がり抵抗が増すような話もあった気がするし。

とはいえ、しっかりと登りがある多くのMTBコースで有利なことは間違いない感じ。今後しっかり見極めたい。


そんなライドを終えて、帰ろうとクルマに乗ると、体調がおかしいことに気が付いた。倦怠感、そして熱っぽい。タイムが出なかったのは体調のせいもあるのか。クルマ2台のタイヤ交換に勤しむつもりだった貴重な晴天の休日午後は、寝込んですっかり棒に振ることになってしまった。 


2018/11/24

2018/11/24(Sat)

IMG_20181123_124305

○ 角田浜トレイルCX ロングx4 1時間16分 NP237W 100TSS 156bpm

----------

朝は雨。雨雲レーダーを見ていると、中央区から東区にかけてはずっと雨雲がかかり続けてるものの、角田浜方面は晴れてる感じ。明日レースのtkhsさんは角田浜に出かけるとのこと。エベッティーニさんにも打診すると、午後からどう?と。午後からだとちょっと遅い感じがしたので、これから準備する旨お伝えすると、それなら一緒にとなり角田浜へ。道中、ずっと雨だったのに、四ツ郷屋浜あたりから晴れ出して現地は晴れ。

昨日、外乗り後の亀公納会までの合間に、チューブラー1ペアの貼り換えを終えていた。昨シーズンまでのレース用 Challenge FANGOを練習車輪に。今シーズンはレースも出るか出ないか、出ても1、2レースというところなのでレース用車輪への新タイヤ貼り付けは見送り。代輪はWOで凌ぐことに決めた。

tkhsさんはもうお帰りになった後で、エベッティーニさんが、sghrさんを案内してミドルを走ったところだった。準備して3人でスタート。

まずは1周ゆっくりと言うエベッティーニさんに付いて行こうとするも、下りでどんどん離される。MTBに比べて視線の揺れがハンパない。切ない。反面、登りや、踏める平坦などは圧倒的に走りが軽くて速い。気持ちよく進む。チューブラーも良い。パンクもせず一安心

軽い引きを狙ってクリアランスを多く取ったブレーキは、クリアランスが甘すぎてブレーキが利きが足りなかった。1周回ったところで一旦止まって、アジャスターを締め上げ2周目へ。少し良くなったけどまだ足りない。それでも、トレイルライドに目が慣れ、クロス号にも慣れてきて、少しずつ速く走れる感じになってきた。

2周を追えたところでまた一旦止まり、フロントブレーキをMAXまで締め上げてリスタート。これでかなり良くなった。路面の荒れた下りは厳しいものの、他はほぼ不自由なく走れるように。前回から生じていた前STIの空振り症状は、少し改善するも、何度か空振りしてようやく変速という状況が頻発。ymdメカに見てもらわなきゃかな。

最終4周目はアタック気味に。これで17分ちょいのタイムが出せて一安心。レース出られたとしても、何とか恥ずかしく無い走りができそうだ。