2015/04/25

2015/04/25(sat)

○ シーズン初だいろx2 4時間11分 117.0km 168W TSS242
 ・ だいろ#1:21分43秒 235W 76rpm 165bpm
 ・ だいろ#2:23分53秒 207W 152bpm 69rpm

----------

nyoさんからのだいろ2本練の招集に参加。インナーxローが39x25でだいろ練には厳しいところだけど、回せないところはダンシングの練習と割り切ることにしてみた。

出発前にトイレに手間取り、集合時間にはまったく間に合わない感じに。単独でだいろ+観音寺の後、復路のみ乗車もありかなぁと考えて、敢えて合流は狙わず、やや遠回りながらも信号の少ない空港経由で気持ち良く西へ向かった。

新川を過ぎて、集合時間+10分。nyoさんは忙しいみたいだし、今日は先に行ってるだろうとサークルKには寄らず、水海研前の信号で止まっていると、後から列車がやってきた。10分遅刻するも結局乗車させていただくことに(多謝
メンバーはnyoさん、takeさん、hamさん、okaさん、先週末に110kmRUNをこなしたばかりの変態kdkrさんに新車プロペルを駆るhndくん。

五福トンネルを抜け、岩室側からだいろへのアプローチ。hamさん、nyoさんに貼りついてゲートまで。
今年の新潟ヒルクライムは、岩室スタートでこの坂もコースになるとのこと。昨年は、やつおロードに行ってみたけど、新コースになる今年は、出てみたいなーとも。

ゲートには誰の姿もなかったけど、すぐに王子が下ってきてジョイン。
時差スタートということで、takeさん、おっぴえ師匠、okaさんと共に先発。

思いのほか脚の回りが良い。勾配のキツいところはダンシング、緩くなったらシッティングと決めて進むと、思いのほか脚の回りが良くて、序盤のうちに一人旅に。

シッティングで脚がツラくなってくるとダンシング、ダンシングがキツくなればシッティング。軽いギアはないけど、それなりのペースで何とか進めた。やればできるじゃないか。

だいろを抜けての終盤の急勾配区間で後方に王子が見えるも、最後までペースを保って登頂。タイムは大したことないけど、この時期だし、ギアが無い状況なのでまあまあの出来。

皆で頂上で待っていると、おときちさんがだいろ登頂。観音寺側からスターさんもやってきた。2本目に向かうべく皆で下る。
古TIME号でだいろを下るのは今回が初めて。フォーク・バックがTIME製のOPERA号も悪くなかったけど、次元がまったく違う。あまりの速さ、コントロールのしやすさ、カーボンハンドルも相まっての快適さ(視線が揺れない)に衝撃を受ける。下りが楽しくて仕方なくなった。

hamさん、王子と別れての2本目。nyoさんを残して先発する。ペース上がらず、ギアが無いものの、ダンシングを織り交ぜて登る。1本目は勾配や苦しさ合わせてシッティングとダンシングをこなしてたけど、今回は懐かしのシャカリキよろしく一定のリズムでシッティングとダンシングを交互にこなすようにこころがけた。“バハモンテスのペダリング”だと12回ずつで入れ替えだけど、自分には特にシッティングが少し短い模様で、吸って吐いての呼吸を12回で入れ替えるのがちょうど良く感じた。

今回も、終盤、後方にnyoさんが迫ってきていたみたいだけど、何とか追いつかれずに登頂。

それほど休むことなく岩室側に下って、休憩なしで一気に帰路に。休憩少ない練習で大満足♪

帰宅前にsagamiさんに寄り道。話題のCARBONEXに試乗させていただいた。ペダルまでかえていただき感謝。
110km走った脚でも、踏み負けずに踏める。固過ぎることは決してなく、柔らかい部類なのかな。TIMEと比べると、薄いものを踏んでいる感じがして、すっかり忘れてたVLAAMS号の乗り味を思い出した。
とはいえ、ロスしてる感じはもちろんなく、良く進む。振りやすいし、荒れた路面でのショック吸収も良好に感じた。

皆さんが絶賛するだけのことはある。安い買い物ではないけど、オススメです。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字