2015/05/24

2015/05/24(sun) 新潟県自転車競技選手権ロードレース大会

image

photo by Yoichi Sawaguchi
(クリテ決勝終盤の逃げ。チェック要員として入る。)

image

photo by Yoshinori Watabe
(クリテ決勝ゴール後の歓喜の輪。最高のひととき♪)


○ 総合15位(42点)
 ・ 4kmHC:14位(15点)11分27秒80(+1分19秒20)
 ・ 2kmTT:12位(15点)2分43秒13(+7秒70)
 ・ クリテリウム予選 2kmx8周=16km:4位(4点)
 ・ クリテリウム決勝 2kmx15周=30km:16位(8点)

----------

恒例の県選手権ロードに今年も参戦。
例年と同様に、ヒルクライム、TT、クリテリウム予選・決勝の順位を足し算して、最も少ない持ち点の選手が優勝するこのレース。
覇権奪還を目標に、競技者クラスにはわがチームから10名のメンバーが参戦。ビギナー、中学生、小学生と各クラスにも多くのメンバーが参戦した。

【道中~アップ】

新たになったるっくさんレヴォーグにより快適移動。ありがとうございます。しかしライセンスを忘れる痛恨のミスに出発後5分で気付いて何とかセーフ。戻っていただいて10分のタイムロス。すみませんでした。

道中はレヴォーグの安全装備(アイサイト)に感嘆。技術の進歩ってスゴイ。
そんななか、先日亡くなった東区のスポーツ自転車名店のご主人の思い出話もして、少々しんみりしてみたり。

そんな道中はあっという間。ライセンスを取りに帰った分の10分の遅れで到着すると、会場至近の駐車場は既に満車。残念。
そそくさと荷下ろしをして、皆でベースキャンプ設営。タープ大量投入で実に快適でした。

今回は、どうにもワンピースだと尻が落ち着かないのと、股のできものの痛みを考慮していつものジャージ&ビブパンツで臨む。ワンピースの空気抵抗削減効果は絶大なのだけど、しょうがない。
試走に出てみると、やはり股は痛い。それでも、昨日以前よりも小さくはなってきていて、負荷の低い試走中は傷むものの、レース中はほぼ気にならなかった。

コースをまずは手組決戦車輪で試走。ここで、ローでディレーラーがスポークに擦ってしまうのが判明。エベッティーニさんにドライバーをお借りして調整。ありがとうございました。
続いて古BORAに履き替えて試走。TTコース(起伏少ない)ではやはりこちらが有利っぽい。HCの後、TTに向けて履き替えることにする。

周回コースクローズ後、HCコースの中腹まで下ってまだイマイチなRディレーラーを調整しつつ試走・アップ。

【4kmヒルクライム】

一昨年:11分25秒、昨年:11分15秒だったヒルクライム。先週のトレーニングはつまづいたものの、そこまで好調で来ていたので、タイム更新を目標に挑んだ。
昨年は38-23でスタート直後の急勾配でギアが足りない気がしてたので、今年は38-25で。

スタート後、序盤の急勾配区間で既に脚がいっぱいな感じに。まぁ、これは例年のこと。辛抱して踏み回し続けた。
しかし、中盤の勾配が緩む区間で、今年はまったくスピードに乗れず。例年はもう少しスピードに乗れた気がするのだけど。。

ダメージも徐々に蓄積し、終盤はいっぱいいっぱいに。それでも何とか気持ちを切らさず緩めず出し切ってゴール。息を吸い込むとむせる感じで、それなりには追い込めたはずなのだけど、手元計測のタイムは11分30秒弱で過去最悪。。かなり凹んだ。

公式計時では11分27秒台で14位。ただし、周りの選手も、例年に比べタイムは低調。自分はしっかりとは実感できなかったけど、スピードに乗れなかったのは風が原因で、皆同じらしい。そんな中なので、力としては例年並みというところ?!

【2kmTT】

ヒルクライムで目標に及ばなかった分、TTでは攻めて、かつうまく走って、ぜひトップ8を獲りたい。自分のここのところの実力からすれば少し大きな目標だけど。

スタートから全開で。1コーナーはペダルを止めずにギリギリで踏み回す。
少しの登りの後、下りの左コーナーを攻めて、直線の下りをアウターxトップで踏み倒した。
その後の登り返しは、次々にシフトダウンしながらアウターxローで登頂し、その後の緩いアップダウンも上げ過ぎずに踏み回す。
競技者クリテコース合流の左コーナーをギリギリのラインで攻め、下りながらの左コーナーはペダルを踏み回したままクリア。
アップダウンは下りで踏み、登りで頑張り過ぎない負荷一定を心掛ける。
残りのコーナーも攻めに攻めて最後の直線。向かい風の中、姿勢を低くして、シッティングで全開で踏み回してゴール。

手元計測では2分40秒弱。コレはイケたのでは?!と期待が膨らんだ。

しかし、公式計時が貼り出されると2分43秒台で12位。これは残念。。
それでも、目一杯攻めて出し切った結果。これ以上は無理です。一昨年:2分50秒→昨年:2分47秒から削ることができてもいる。先週、先々週と朝錬で2分走を繰り返したのは無駄じゃなかったかなと。


【クリテリウム予選】

HCとTTの結果を基に2組に分けられて争われる予選。10位までが決勝進出で、11位以下は敗者復活戦に回る。

集計の混乱があったものの、ここまでてぃーエースがフルマークの2点、Fin's KNTくんが4点。
そのてぃーエースが1組目、KNTくんが2組目で、自分は2組目の出走ということに。

同じ2組目には
Fin'sからKNTくん、adcくん、hykwさん
シュースイhamさん
わがF(t)からnyoさん、hndくん、fctくん、王子
がいて、まさに強豪揃いの状況。。

対して1組目にはウチからてぃーエースのほか、tkhsさん、ryskくんが入り、対してFin'sはピグくんのみという状況。1組目はてぃーエースの1位通過がかなりカタい。
反面、2組目ではFin's3人の勢いを止めて、ウチが1位を獲れるかどうか。そして、この強豪揃いの中で、自分は無事に予選突破できるのかが問題。。

1組目は、順当にてぃーエースが1位通過。tkhsさん、ryskくんも無事に上位通過

さて2組目。TTで良く進んだ古BORAを履くか、手組決戦にするか少し迷ったけど、競技者クリテコースの急坂を考慮して、当初の予定どおり手組で行くことに。

スタートから緊張した。
序盤で、hykwさんとhndくんが抜け出し、数秒先行。少しずつ差が詰まり、中盤にはほぼ追い付いた。そのほぼ追い付いたところでのSG地点の左ヘアピンで先頭HNDくんがスリップダウンし落車。直後にいたhykwさんも巻き込まれて落車してしまった。hykwさんのヘルメットを抱えてる姿が痛々しかった。

これで集団の人数が絞られ10名に。このまま走りきれば予選通過だ。この後は、どうやってKNTくんとadcくんを勝たせないかに集中。nyoさん、fctくんとともに、adcくんやhamさんから登りで繰り出される加速に反応し続けた。

nyoさんが体調を戻しきれてない状況からして、KNTくんやadcくんと勝負できそうなのはむしろfctくんかなぁともふと思う。nyoさんも、ftcくんに最後に向けて脚を温存するよう指示を出したんだそうだけど、彼は「後に下がっていて」という意味に勘違いしてたらしく、fctくんは最終盤に番手を下げてしまってた。

ファイナルラップ。坂からadcくんが上げ、先頭を引き倒す。KNTくんが一旦前に出るも、最終コーナー~ゴール前でnyoさんが先頭へ。これは勝った!と思いきや、最後にKNTくんが捲くり返して1着。やられた。

自分は4位でゴール。無事に決勝に進出


【クリテリウム決勝】

決勝レースを前に、偶然てぃーエースとトイレで2人に。どうする?と訊ねると、「各自が上位を目指して最高のレースを」「自分は自分のレースをすれば大丈夫」と。
KNTくんとは2点差。KNTくんの直後でゴールしても総合優勝なわけだし、そもそも、今のてぃーエースがKNTくんに負けることはないよな、とは思う。

そう言われても、自分は例年どおり点を積み上げて個人成績が狙える状況じゃないので、自分の役割は、駆けだすFin'sの2人を追うだけだよなーと。

スタート後すぐ、tkhsさんが単騎で抜け出して逃げが始まる。追う者は無く、集団のペースもそれなりでじわじわと差が開き、レース中盤には40秒ほどの差で推移する。

集団ではFin'sの2人を中心にシュースイhamさん、吉高が登りで仕掛けるのをnyoさん、てぃーエース、自分が中心に動いて潰すのを繰り返していく。なかなか先頭に上がってくる選手がおらず、KNTくんがイラついている。

レースも10周を数えるころ(だった模様)、ペースがさらに落ち着いたところで、Fin's adcくんが登りで加速。何となく自分が追いかけた。最終コーナーまで加速が続き、ふと振り返ると後続の選手の姿がなかった。

adcくん、吉高、もう1人と自分の4人。集団とは少し距離が開いてしまっていて、追走集団っぽいかたちになった。こうなると、先頭にtkhsさんが逃げていて、adcくんには上位でゴールされたくないので、自分は先頭を引く理由が無い。一応ローテは回すものの、ペースを上げる意思はまったくなかった。

なのだけど、adcくんのペースが良くて、集団にいるだけでかなりいっぱいいっぱい。そうこうするうちに、集団からfctくんが合流してきてくれた。これはありがたい。そして、1人が切れて再び4人に。

ラスト2周、自分はいっぱいいっぱいになり千切れて集団に合流。そしてすぐ、前方に追走の3人も見えてきて、集団に合流した。

ファイナルラップ、nyoさんと共にご安全にゴールすることを決め、集団を見送って単独ゴール。

tkhsさんが単独で30km弱逃げ切り。ゴールスプリントではfctくんが2位、てぃーエース3位、KNTくん7位となり、総合ではてぃーエース優勝、kthsさんが2位となりKNTくんを逆転。fctくんも4位となり、わがチームの選手が上位の多くを占めた。

----------

今年も楽しめた県選手権。県車連の皆さん、参加した選手の皆さん、応援の皆さん、一日お疲れさまでした。ありがとうございました。
来年も楽しく厳しいレースの開催を期待しています。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字