2016/11/20

2016/11/20(sun)

image
(この後の2セット目で転倒し前輪がポテチに。。)

 ○ 角田浜トレイル ロング3周x2 1時間10分

起きて確かめると、まさかの気温16℃。。準備に手間取って角田浜到着は8時過ぎ。既にiwskさんはじめ3台クルマが止まってる。皆さんサスガです。

準備しているとnkymさんがクルマに戻ってこられた。暑くて長袖を脱ぎに来たとのこと。やはり半袖半パンで良さそう。
空気圧は、先週のイベントではリスクを取らずに避けた2.0barを再び試してみる。

ロング3周のメニューに入る前にまずはアップで、新規開通のハイパーミドルを試す。ミドルとロングの分岐をロングへ。ロングの丸太ドロップオフの手前の新たな分岐を左折すると、尾根っぽいところを直線的に下っていき、ロングの終盤に合流。この時は転圧がまだまだでふかふかだったけど、1日でずいぶん転圧が進んだ模様。今後が楽しみ。

アップを終えてロング3周の1セット目。先週のお披露目で悠々と桜坂を登ってた福島勢に感化されて、桜坂の完登にトライ。4段坂のうち、3段目まではいけるけど、4段目がどうにもならない。後輪スリップで止まってしまう。トラクションのかけ方なんだと思う。ここをクリア出来れば、レースでのスリッピーなキャンバー登りで一段上の走りができるはず。

2セット目を前にクルマに戻って休憩。パンとコーヒーで至福のひと時。これもロード練習にはない角田浜練の楽しみの一つ。
omさんが登場されて、ありがたいお申し出をいただき楽しみになる。

しかし昨日あれだけ雨が降って、角田浜への道中も重濡れ路面なのに、砂ベースなここは水はけが良くて、路面状況はいつもの様子とさして変わらない。自転車もウエアもさほど汚れない。真冬でも問題なく走ることができそうで、戻ってきたiwskさんから冬季の新規イベントの開催案のお話も。楽しみです。

補給も済んで2セット目。桜坂には繰り返しトライするも完登ならず。 また次回。
アップダウンも攻めに攻めて追い込むも、最終週の終盤、慢心があった。走りこまれるうちにバームっぽく掘り込まれたショートコースの下りの高速右コーナー、入り口で引っかかる感じになって転倒。したたか路面に打ち付けられた。

頭から足先まで砂まみれ。ヘルメットにもたっぷり砂が入り、鼻や口の中にも砂が。。そして、引っかかった力が前輪にかかったようで、ポテチに。ガックシ。。

帰路にサガミさんに寄り道してymdメカに状況報告。リム交換しかないのだけど、10年モノのCANE CREEKにつき、リペアパーツなんて既にない。ニップルがハブにあるタイプなので、厳しいかなぁ。。 


コメントする

名前
URL
 
  絵文字