2017/05/01

2017/05/01(mon)

○ 佐渡ツーリング 4時間13分 108.2km 147W TSS223

----------

直前まで天気予報が怪しく、気が気じゃない状況のせいか、前夜、深く眠れない。夜中に雷が鳴って雨が降り出したり、、ますます落ち着かない。

決行の確信が持てなかったので、今回は朝食未準備。当日朝に、ターミナルのそば屋で朝食にしようと決めてた(毎年、hashiキャップがそこで食べてるのがやけにおいしそうだったので。。)
雨雲予測を見ると、佐渡汽船ターミナルに向かうのにちょうど良い時間あたりで雨が当たりそう。なので晴れ間を見て早めに出発。到着すると、かなり早めの時間にもかかわらず、すでにnyoさんが輪行支度中。同じ雨雲判断で、早めにきたとのこと。

2人でそば屋で朝食をとっていると、続々とメンバーが集まってきた。nyoさんと同じ会社のお初のhrucくん。りゅーじ&もえマグ、ぱぱさん、毎度企画ありがとうございますtakeさん、 yoneセンパイ、船内で合流ファイターズさん。

船内は昨夜の寝不足のせいで爆睡。両津港到着すると思っていたよりも寒い。。ニーウォーマーを昨日の角田浜での落車で破いてしまってて、レッグウォーマーじゃ暑いだろうしということで、生脚でガマン。アンダーも夏仕様だし、腕も夏用のアームカバーだ。
そして、ここで昨年同様に、佐渡在住のトライアスリートymgcさんが合流。いつもどおり荷物と輪行袋をコインロッカーに預けて、10人で出発

コースは今年も小佐渡方面。まずは久知川ダムから内海府海岸へと抜ける峠の登り。中腹のダムまではりゅーじとnyoさんがかっ飛んでいった。ここからは単騎で。今日の調子はまぁまぁっぽい。
ダムからはりゅーじ&nyoさんと。勾配もきつくなり、なかなか良い登りだった。

内海府の海岸線は、nyoさん、りゅーじとローテ。あっという間に岩首に着いて、去年に引き続き昇竜棚田のヒルクライム。キツいのだけど、ロー38x25な自分はギアが無くて、そこそこのペースでいくしかない。一人抜け出す形になってしまうも、nyoさん&りゅーじが追い付いてきて3人で登頂

IMG_20170501_102309

下った後は赤泊までばびゅーんと。先ほどの昇竜棚田で頑張り過ぎたか、ローテを回すのがしんどくなってきて、ほぼカラ回し状態。赤泊を前にして、後方からtakeさんアタック。なんとか食らいつく。脚が削られる。。

赤泊のAコープで一服して、羽茂の山の中、大崎のドーナツ屋を目指す。ここの登りもそこそこ長くてシンドかった。ピークでは、フェリー船内でご一緒した神奈川からの一行とバッタリ遭遇して記念撮影など。

下ってドーナツ屋でまた補給。モチモチしていて実においしかった。

IMG_20170501_122228

この後、小木を回って真野で昼食の計画だったけど、時間がやや押しの状況。小木はパスして、羽茂から峠を越えて真野方面へ。ここもまたきつかった。

西三川の峠を越えて、昨年と同じく真野の手前の「しまふうみ」でカレーのランチ。晴れ上がってロケーション最高♪♪

IMG_20170501_132253

IMG_20170501_133656

「しまふうみ」からは追い風に乗って両津まで、、と思いきや、真野から東へ進路をとるとなんと向かい風。。
この辺りから調子がおかしくなる。脚にはまだまだ力があるのに、全身に力が入らない。視界が狭まる。信号で停まると、手足に震えが。。ハンガーノックやインシュリンショックのような低血糖の症状のように思えた。補給のしすぎだろうか。。

相変わらず集団の前方には留まってたので、何かあってからでは遅いと思い、新穂の街に入ったところで後退。集団最後尾にも留まれず一旦千切れるも、赤信号に救われて最後尾に復帰。しばらくしがみついていると少しずつ力が戻ってきた。それでも、両津港が近づいてアタックがかかりだすと堪らず離脱。。ほうほうの体で両津港にたどり着いた。

両津に着いてみると、なんとぱぱさんがいない。真野の街で既にいなかったことが判明。結局、しまふうみからのスタートで出遅れて一人旅だったとのこと。失礼しました。

IMG_20170501_171104

IMG_20170501_172922

IMG_20170501_193524

この後はいつもの温泉~いしはら寿司経由で新潟へ帰還。takeさん、毎年の企画ありがとうございます。またよろしくお願いします。


コメントする

名前
URL
 
  絵文字