2017/05/04

2017/05/04(thu) 第13回まどかカップ3時間耐久MTB大会

18221679_2049808285242616_5565749318296063680_n

○ 3時間耐久ソロ45歳以下 6位/40人 17周(-1LAP) 3時間8分58秒 215W TSS310 158bpm
http://ss-yk.cocolog-nifty.com/blog/2017/05/post-e1aa.html

----------

0410 新潟発
0540 関川村道の駅発
0700 川西ダリヤ園着、設営
0800-0900 試走
0900 開会式、キッズレース
1100-1400 3時間耐久レース
1500 閉会式、表彰式、撤収、風呂
1700 川西ダリヤ園発
1930 新潟着

----------

関係者の皆さまのお力添えにより準備が整ったMTBリスタート。初乗りから1週間足らずでの3時間耐久レース参戦は、無謀とも思えたけど、レースの中で学べることも多いだろうと考えて、エントリーを決めた。期限を過ぎてのエントリーをお受けいただいた主催者の皆さま、ありがとうございました。

mnmさんご一行に乗り合わせをお願いして、当日は来春に成人式を迎えるorz Racingの若者rntrくんのクルマに同乗させてもらった。饒舌な若者なのは知ってたけど、なかなか楽しい道中になった。長時間の運転、お疲れさまでした。

会場到着後、お知り合いの皆さんにごあいさつ。旧知の新発田の面々とも早速顔合わせできて、懐かしくなった。お互い、歳を取りましたなぁ。

テント等の設営を済ませて、早速試走へ。

18199393_2049807121909399_5135670080494202187_n

うーむ、なかなか難しいコース。2つある登りは、どちらも終盤の勾配がきつくて、力を尽くさないと登り切れない。ゆっくり登っても温存はできない感じ。
下りは下りで、なかなかにテクニカル。リズムに乗るのが難しい。集中を切らせない。
3時間の長丁場だけど、ほんの一部の平坦の舗装路・ジープロードを除いて休みどころがない。大変な戦いになりそうだ。

開会式後のキッズレースでは、tkhsさんのところのsoくんが優勝!急成長ぶりに、周囲からも祝福と共に驚きの声が。自分も含めオサーン勢、抜かれるのはもう間もなくかも。。

耐久レースのスタートは、申し込み順に振られたゼッケン順ということで、自分は最後尾から。ソロ・チーム合わせて100人以上の選手が眼前に控える光景は壮観!
だけど、狭い部分が大半なコースで、前の選手を交わしていくのは、相当に難儀だろうと。不安を抱きながらスタート

想像どおり、スタート後の登りから大渋滞。。1人1人に声をかけながら、ていねいに交わしていく。
その1周目の中盤でomさんに追いついて、しばらく後ろに付かせていただく。下りのラインどりやブレーキング、前走者の交わし方を自分のものとするべく、後ろからじっくりと見させていただいた。

18198597_439014266490896_4747905567964958203_n

そんなコースの終盤のスイッチバックの下り。omさんとの間に1人挟んでしまい、先を急いでいた右コーナーで、左ハンドルを立ち木にヒット。曲がり切れなくなり、何とそのまま谷側にダイブ。。
ちょうど半回転して背中側から落下。どこも痛くなかったので、すぐさまコースに復帰。落としていたボトルも、立哨の方が拾ってくれた。枝などに擦っての擦り傷はたくさんできたけど、大事に至らず良かった。しかし、舗装路まで戻ってきて確かめると、補給用に持っていたジェルが1つ無い。落としてしまった。たぶん補給が足りなくなると思いながら先を急ぐ。

2周目も、追い付いたomさんのレーシングスクールを受講。大変参考になった。ありがとうございました。

あとはもうひたすら淡々と進んでいくのみ。
40分過ぎくらいに腰が痛み出して、まだ先が長い道中に大いに不安になる。でも、この先、幸いにして大きく悪化することはなく、ひどく痛んで踏めなくなる、なんてことはなかった。

18221652_439014506490872_3416024908159943690_n

この日は28℃ほどまで上昇する予報で、暑さが大の苦手な自分はそこも大いに不安だった。
でも、登りがさほど長くないコースレイアウトと、大変乾燥してカラッとしていたこと、途中から冷たい風が吹き始めたことで、大きな障害にはならなかった。

18221999_2049805225242922_8122178399014915986_n

2時間が経過して、脚も腰も腕も握力もキツくなってきたけど、大タレすることなく、このままイケそうかなと思い始めたところで、補給のジェルが底をついた。水は、掛水用に持っていたのが手つかずで、ジェルがあればピットインなしで行ける状況だった。
時間がもったいなかったけど、ハンガーノックになってしまっては、ピットインのタイムロスよりずっと大きな損失を被ることになる。残り40分ほどのところでピットに入り、羊羹半分を食べて残りを持ち、冷たい飲み物を保冷ボトルへ。これで終盤のレースへと駆け出した。

18222053_2049805971909514_3782408647501683_n

最終盤は少しペースが落ちたけど、大タレすることなくファイナルラップ。ここまで来たらもう順位が上がることも下がることもないだろうと、1周目にジェルを落としたスイッチバックでジェルを捜索するも見つからず。。そしてゴール。3時間出し切った達成感は格別。これは病みつきになりそうだ。

順位は入賞5位までのところの取っちゃいけない6位。5位とは1分8秒差。ファイナルラップのジェル探しで1分近くロスしてる気がする。。とはいえ、そういった順位が分かりにくいのもこうしたレースならではだし、久しぶりのMTBで、上出来です。

soくん優勝のほか、若も優勝。mnmさん5位入賞。おめでとうございました。
抽選会では、相変わらずの引きの強さを発揮して、山形米3種食べ比べセットをGet!良いお土産に。

orz Racingの皆さん、ご一緒ありがとうございました。MTBレース、これからも取り組んでいきたいので、引き続きよろしくお願いいたします。

(photo by 関係の皆さま ありがとうございます。)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字