2018/10/21(Sun)2018/10/25(Thu)

2018/10/23

2018/10/23(Tue)

IMG_20181023_063742

○ 亀公朝錬 1時間45分 52.1km NP226W 126TSS 140bpm 83rpm

----------

土曜にMTBシーズン最終戦が控えた火曜の朝錬。間もなく亀公に到着というところで、お集まりなメンバーがぞろぞろと同じ方向に歩いていくのが見える。んん?!と思い自分も行ってみると、何とるっくさんが落車されている(!)

縁石の切れ目との認識で路肩に切れ込んだところ、実際には切れてなくて転倒と相成ったそうだ。お大事になさってください。

mnmさん、土曜のCJ妙高杉ノ原に向け久々スタートから登場エベッティーニさん、同じく土曜の同年代最終決戦に向けバトンにディープで登場おっぴえ師匠、tnkさん、フォルモサカーボンクリンチャー+クリキンハブの高級ホイールっで登場kndくん、R403終点で離脱宣言ハヤトメンと出発

先頭に出た際は350W・20秒を目安に牽くも、番手のハヤトメンが高回転で加速するので、付き際では瀕死の状態に。

新MMから向かい風が強まり出し、さらに苦しく。さらに風が強まったR403では、sghrさんが合流して早々、ハヤトメン先頭時に分断が起きる。何とか前のグループに生き残る。

そんなこんなで、表薬科に着く頃には脚が売り切れ。。それでも、週末に向けて坂で追い込みたい。前を行くエベッティーニさんとkndくんをパス。緩めず追い込み続けるもペースは上がらず、エベッティーニさんを引き離せないまま登頂

続く裏ブルボンは、おっぴえ師匠の背中を追うも、少しずつ引き離されて脚が売り切れ。最後は流しに。それでも往路からここまで追い込めたのでヨシ!

復路阿賀土手は、当然に爆風。。風向きが危ない序盤の高速高架下過ぎまで、mnmさんが先頭を交代せずに引き続けてくれ、安全に走行できた。感謝

その後はローテは始まるも、往路と坂で脚を使い切ったか、千切れる寸前な感じに。何とか踏みとどまり、満願寺を過ぎるころからは、350W・20秒目安で牽けるように。最後のスプリントでも出し切った。

るっくさんは、擦過傷4か所、肋骨が骨折?打撲?、自転車はOK、ヘルメット損傷の状況とのこと。ニューヘルメット購入をモチベーションに、早い回復を願います。


コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
2018/10/21(Sun)2018/10/25(Thu)