トレイルライド

2018/10/14

2018/10/14(Sun)


○ MTBヒルクライム~トレイル周回練 2時間1分 NP207W 123TSS 139bpm

----------

前夜にエベッティーニさんと打ち合わせ。CJ妙高杉ノ原に向けて、登坂と下りを効率よく鍛えられる練習にしたいねと。角田浜は、残念ながら長い登りがない。8月初めに落車→右ひじ縫合の因縁の新津の林道は、今週半ばの降雨で水溜りが多いと思われパス。結果、ヒルクライムと激しい下りトレイルの組み合わせになるあの場所で練習することに。

夜半にまたもお腹を壊してよく眠れず、朝には回復したものの、少々寝坊。。7時の集合に遅れそうだったけど何とか間に合った。

舗装路のヒルクライムを考慮すると、タイヤの空気圧を上げたい。しかし、大きな石がゴロゴロのグリップしないトレイルの下りのためには、いつもどおりの空気圧にしたい。迷った結果、0.05barだけ上げて、前後1.45barに。

まずはヒルクライム。出だしはエベッティーニさんが速く、どんどん離れていく。ゲート過ぎでようやく差が詰まり出し、序盤で追い付き追い越す。そのまま進んで、上のトレイル入口までにすると思って一旦待つも、ピークまで登るとのことで再スタート。久しぶりに登頂して1枚パチリ

第1カーブまで下って、初めて上の入口からトレイルイン。道を知っているエベッティーニさんに先導と蜘蛛の巣や倒木、枯れ枝払いを担っていただく。
iwsk親分が嫌いと言ってた上のトレイル。どれだけひどいかと思いきや、下のトレイルよりも傾斜はキツくない印象。自分は結構良いのではと思った。

蜘蛛の巣や枯れ枝払いで一時停止を繰り返しながら下って、1本目終了。トレイルの下の入口がある第11カーブまで再び登る。
ここでも登り始めはエベッティーニさんがズドーンと速くて、大きく引き離されてしまった。

少しずつエンジンがかかってきて、差を詰め始める。自分が得意な勾配の緩いところ、下り基調で踏み倒すところで顕著に差が詰まり、ゲートを過ぎてしばらくで追い付き追い越す。

その後も下のトレイル入口がある11カーブまでもつギリギリのペースで踏み回した。でも、11カーブはもっと上だと勘違いしていて、到着して拍子抜け。もう少しイケたかな。

下りは一時停止のない通しで。ここはホントに勾配が急で、大きな石が敷かれた感じで路面もグリップしない。ブレーキレバーにかけた指から力を抜けるところはほんのわずかしかなく、最後は腕・指共にいっぱいになってしまった。

3本目の登りも、序盤にズドーンと離されるも、登りのフォームやペースが掴めてきて、ゲート前にエベッティーニさんを捉えて前へ。疲れてはきているけど、ペースは段々と上がってきている感じ。
下りも、要領を得てきて、腕・指が2本目に比べてラクだった。

もう1本行きたい感じもあったけど、とにかく危ないトレイルなので、集中が切れて転ぶと大きなケガに繋がりかねない。駐車場へと戻るゲートまでの峠を集中して登って終了とした。

2時間ほどだったけど、登り・下り共に集中して取り組めて、再来週のCJ妙高杉ノ原に繋がる練習になったと思う。


2018/07/14

2018/07/14(Sat)

○ 新津丘陵練 3時間27分 98.8km NP207W 234TSS 132bpm 82rpm

----------

前夜は急遽の残業で24時就寝で、420定刻目覚ましでは一発起床できず。招集のあった505定刻亀公には間に合わない。
左膝と寝不足が懸念だけど、540市民病院セブン集合のmngwさん召集の丘陵練に向かう。

セブンにはメンバーいっぱい。mngwさん、hamさん、mnmさん、tnb親方、ケントのサガミR勢、ウチからはtakeさん父娘、ぱぱさん父子、エベッティーニさん、moeちゃんと自分。ツルマキやucymくんも。2グループに分けて出発

いろいろ不安があって付き位置でラクをしたいところだけど、こういう練習だと、得てしてローテを回ってる方がラクだったりする。なのでカラ回し風味で。
今日も思いのほか脚はある感じ。暑さも、周りのメンバーが言うほど感じず。暑熱順化が進んできたのか?!

道中で、自分が入った前のグループにsghrさん、サガミR新加入の元カルさん、おっぴえ師匠が合流。さらに後方のグループも一団となって、最初の坂、大沢峠へ。

nyoさん、ハヤトマンやケント、hamさんやmngwさんがかっ飛んでいくけどもちろん終えず。淡々と行く。おっぴえ師匠やエベッティーニさん、tnb親方と一団と登頂

いつも高速ローテの平坦県道を経て、菅沢~湯田上温泉の峠越えへ。
まずは菅沢の坂。こちらもかっ飛んで行くメンツにはとても付けない。淡々となメンバーも入りが速くて見送る。
マイペースを刻んで、入りが速かったメンバーを捉えながら登頂。結構脚に来ている。
湯田上の峠はゆっくりと。暑いと、いつもは暑さによる疲労感・倦怠感なダメージが先に来て、最後に脚に来る感じだけど、今日は先に脚に来ていて、マズそな感じがひしひしと。。

続く石油の里~金津峠。マイペースでゴリゴリと。破綻は免れたけど、脚は限界一歩手前な感じ。

最後の表ブルボン~裏薬科で遂に限界。どうにも踏めなくなってよろよろと登頂

下ってバイパス手前のパン屋でブレイク。帰路は単騎で、サガミにそのまま入店すべく向かうも、終盤は左内転筋攣り祭りに。無意識に左の踏み込みを控えてたのかも。

100km近く走ったけど、左ひざの違和感は昨日よりマシな感じ。回復基調かな。


2015/08/15

2015/08/15(sat)

○ クロス号で新発田の里山ライド 2時間くらい

実家帰省に合わせて、一度やってみたかった地元新発田は五十公野の里山ライドへ繰り出してみた。

小学生の頃の校外学習で、小学校の裏山を縦走したことがあって、いつも麓から登っていた山の上の2つの神社が、山道で繋がっていたことにすごく驚いたことをよく覚えている。その道を辿ってみようと。階段が結構あったことを覚えてたので、MTBをやってた頃は担いでまで行こうとは思わなかった。クロスはそもそも担ぐものなので構わないやーと。

当時は、小学校から少し上手に離れた寺の、裏手の池の畔から山に入った。しかし、寺とはいえ、さすがに良い大人が私有地を突っ切って行くわけにもいかないので、そこは泣く泣く割愛。小学校に隣接する中学校裏手の林道から、山に分け入ってみた。

直登の林道のピークを過ぎると、右側に1つ、続いて左側に2つ、山道の入口が現れる。そこに入らずしばらく進んだところで、山道の概要図を発見。そしてパチリ。

image

まずは先ほどの右側1つの山道に入って、寺を目指してみようと思うも、右側1つの入口は藪が伸び放題で、しばらく人の手が入っていない感じ。この先にしっかり道があるかも疑わしい。ということでこちらはパス。

左側の1つ目の入口から山道へ。まずはクロス号を担いでしばらく階段を登る。登り切ると東屋。あとは縦走の山道、時折階段という感じで、その半分くらいは、脇を通過できる。
そこかしこに切られた木の幹が積み上げられている。この山で林業が営まれていたとは知らなかった。

image

image

乗って登ったり下ったり、担いだりしてすぐに神社の裏手に出た。距離的に近い豊田神社かと思って正面に回ってみると、意外にも離れてるはずの古四王神社で驚いた。

image

とりあえず来た道を戻り、先ほど登ってきたのとは違う階段で下ってみると、林道沿い左側2つ目の入口に出た。
このまま豊田神社に行けないのも悔しいので、先ほど撮影の概要図とにらめっこして、再度階段を登って山道へ。いくつめかの分岐を折れて階段を下り、しばらく進むと目論みどおり豊田神社の裏手に出れた。

image

ここで大粒の雨。。クロス号を担いで、急いで境内の石段を下って山を下りたところで雨が止んだ。それならもう1つ、ということで五十公野公園方面へ。こちらでも、登って、下って、担いで、里山を楽しんだ。

自転車の楽しみ方の幅が広がったかな。