レース

2017/07/17

2017/07/17(mon) Coupe du Japon MTB CJ-1たざわ湖【レース編】

20046703_1452063124880699_1353866942632875793_n (1)

○ XCO チャレンジ 優勝(→ アドバンスに昇格)

リザルト
http://mtb-l.jp/wp/wp-content/uploads/2017/07/20170717tazawako_xc_results.pdf

----------
 
0535 宿発
0615 会場着
0730 試走(x3Laps)
0850 洗車の列に並ぶ
0910 着替え、コールアップ
0930 スタート
1030 表彰式
1210 会場発
1815 新潟着
 
----------
 
夜中は何度か土砂降りの音が聞こえて目が覚めた。4時過ぎには起きて、またも試走動画を早送りで2回視聴。イメトレ万全
 
5時半過ぎに宿を出発。雨は上がっていたのに、少しずつ雨脚が強まってくる。。今日はもう降らないんじゃなかったっけ。
 
6時15分に会場に着くと、こちらは雨は上がっていて、駐車場の路面も乾きかけ。

IMG_20170717_061702

自転車を下ろして空気圧をセット。MTBもマッドコンディションでは、シクロクロス的に低圧で面でグリップを稼ぐのがトレンド、とのtkhsさんのアドバイスを踏まえて、いつもより少し落として1.45barにセット。
 
車内でおにぎりを食べていると、スコールのような土砂降りに。慌てて自転車に付けていたGARMINを回収。こりゃレースまで雨が残ることもあるぞ、と覚悟を決めた。
 
定刻どおり7時半から試走開始。
まずはスタート直後のゲレンデ登り。大きな石がごろごろ。試走動画のイメージよりも路面が荒れていて走り難い。
ゲレンデをトラバースして、シングルの登りへ。急勾配。自転車が進まない。
そのままシングルの下りへ。渓流沿いの橋の周辺がややトリッキーだけど、油断しなければ、自分の技量でも普通に乗車でクリアできるくらい。
 
シングルを抜けると、直線的なダブルトラックの下りへ。勾配は緩いものの、路面は大きな石がごろごろしていて、新潟のあのトレイルにそっくり。一度案内いただいて走らせてもらった経験が大いに役立った。路面を選んで慎重に下る。
 
下り切った後は舗装路で登り返し、SG地点の駐車場の周りをぐるりと回って、いくつかのシングルをダブルトラックで繋ぐ後半のセクションへ。下り基調の後、登り基調になってSG地点に戻ってくる。
 
シングルはトリッキーだけど、妙高のような厳しいドロップは無し。登りでは乗車できない箇所が何か所かある。
 
2周目、3周目と淡々と走る。
シングルの路面がぬたぬたで、どんどん掘られて走り難くなってきた。スタート直後のゲレンデ登りの後のシングルの登りも、ライン上はぬたぬたで乗車が厳しい。ところが、ラインを大きく外れたコースの両端は、路面が重いものの、しっかりグリップして走りやすいことが分かった。レースではここを走ることに決めた。
 
ダブルトラックの下りは、慎重を心掛けつつも少しずつスピードアップ。
後半のシングルは、ロスを最小限に抑えるため、乗車で行ける確率の低い何箇所かは、始めから降りて押すことに決めた。
 
3周の試走を終えて戻ってくると、洗車場には長い列が。ゼッケンを付けたワンピースへの着替えも残っており、どうなることかと思ったけど、何とか間に合った。
 
----------
 
スタートは2列目から。シクロクロスでは何度挑んでも勝てないスドーマン選手、かつてエリートの木曽選手、1列目で番号の若い上位ランク選手をマーク。
自制・慎重を期しつつ、最後までトップ争いに付いて行ければ良し。勝負に絡めれば尚良し。それが叶わなくても、通算ポイントでのオフの昇格を目指してなるべくポイントを積み増すのが、1人で秋田まで来た目標だ。
 
スタート。1列目の選手が勢いよく飛び出す。慎重に走りやすいラインを選んで、直後の急勾配をクリア。少し余裕があるので、少しずつポジションを上げる。
 
3番手でシングル区間に突入。すぐに2番手に上がる。さらに急勾配区間でトップに立つも、ぬたぬた路面で自転車進まず、一旦押しが入る。
再度飛び乗って、さらに登る。2番手、3番手の選手が近づいてくる気配がない。自分もかなり苦しいけど、登り切ればしばらく下りで回復できるので、ここは全力で踏み倒す。
登り切って振り返ってみると、少し見通しがきくところなのに、後続の選手の姿がなかった。しめた!これはイケる!と思いつつ、集中・自制・慎重を意識
 
シングルの下り、慎重を心掛けつつ、リズム良く、スピードに乗れた。ミス無くクリア。
ダブルトラックの下り。3周の試走が生き、試走の時よりもずっと攻めることができた。
 
舗装路の登り返しで、エベッティーニさんのお知り合いの立哨員の方に声をかける。駐車場区間のダブルトラックを突き進む。
 
駐車場をぐるりと回って、後半のシングルへ。ここでも3周の試走が生きて、乗ろうと決めていたところはノーミス。2位の選手の気配を感じることもなく、集中して攻められて、試走よりもリズム良く、速く走ることができた。降車を決めていたポイントも、乗車までスムーズに。イメージどおりの走りができた。
 
SG地点近くまで来た見通しの良い高台から振り返るも、2位の選手の姿はなかった。1分15秒ほどの差をつけて、トップでゴール!(画像が無いのが残念。。)

表彰式までの間、須藤選手と情報交換して、いろいろと刺激をいただいた。ありがとうございました。

20134714_1441199479307278_3731124_n

エベッティーニさんやtkhsさんからいただいたアドバイス。サガミkbys店長とymdメカの万全なバイク整備。最高の練習環境を角田浜に整えていただいているiwskさん始め、経験豊富なorz MTBのセンパイ諸氏。平日の早朝からバカになって一緒に走ってくれる亀公のみんな。そして、支援をいただいているチームとメンバーのみんな。周りの皆さんからもらった力で、この勝利がある。本当にありがとうございました。

IMG_20170717_103341

8月はレースは休みの予定。9月~10月はMTBのレースが混んでいて、ダリヤカップ~CJ-1妙高~CJ-1白馬~ジンギスカップが1週から2週おきに続く。しっかり充電、みっちり練習で、連戦に備えたい。


2017/07/16

2017/07/17(mon) Coupe du Japon MTB CJ-1たざわ湖【前日編】

0715 新潟発
1000 にかほ市R7沿いのローソンで休憩
1130 道の駅協和で休憩
1230 角館で昼食
1330 田沢湖スキー場着、受付(コースクローズ)
1600 宿着
2130 就寝

---------

ほぼ下道と思われる片道300km超での遠征。道中、大いに不安があった。
前夜夕食後に出発して、現地で仮眠をとることも考えたのだけど、初めての道での夜間ドライブのリスクを取れず。前泊することに。
前日午後には会場入りして、しっかり試走して万全を期すことに決めたものの、前日~当日は大雨の予報。どうなることやら。

7時過ぎに出発。海の日前日の日曜日。海沿い~海に近い道中はどれだけ混んでるかと心配したけど、荒天予報のせいか混雑なし。下道ばかりかと思いきや、走ってみたら7割方は高速道路。(対面の無料区間多し。)スイスイと進んだ。

秋田県に入ってすぐ、2時間45分経過で初めての休憩。ここまで雨は時折パラパラと当たる程度だったけど、直前の鳥海山あたりから土砂降りに。行く手も真っ暗。予報どおりだ。。
最後の高速道路を降りてすぐ、道の駅協和で2度目の休憩。あと50kmほど。ここの雨脚は弱いけど、現地は土砂降りとの情報。むむむ。。

角館に入って、今夜の宿に併設のイタリアンレストランで昼食。生パスタをいただく。美味でした。
IMG_20170716_122023

ここで経験豊富なエベッティーニさんに相談。現地土砂降りでも試走すべきなのかと。

お答えは、試走を上がってきたバイクの泥の付着状況、エリートの選手がそれでも走っているかを確認すべし、というもの。なるほど、と。

13時半過ぎに会場到着。土砂降り。まあ、しかたない。。
試走は15時半までなので、時間はしっかりとれそうだ。まずは受付へ。そしてコミュニケを確認すると、衝撃の掲示が。今日は既にコーススクローズと(11時発表)。。

IMG_20170716_133315

いったい何のために前泊を選び、大雨の中を長距離運転してきたのか。打ちひしがれる。。
しかしここでも、やり取りしてきたエベッティーニさんやtkhsさんから元気をもらう。切り替えて風呂でも入ってしっかり疲れをとるべしと。心強かった。

田沢湖畔のはちみつ屋に寄ったり(はちみつソフトを賞味)、観光名所の「たつこ像」に寄り道したりして(土砂降りでクルマから降りられず。。)角館の今夜の宿へ向かう。

IMG_20170716_140825

IMG_20170716_144707

素泊まりの宿なので、スーパーで食料調達をしたり、近くの日帰り温泉に行ったり。
コミュニケが出て、今日のコースクローズを受けてのことか、明日は試走が30分延長され、そのせいなのかチャレンジのレースはたったの1周と。
正直どうしたものかとかなり戸惑ったのだけど、ここでもエベッティーニさんからアドバイス。
普段の角田浜での練習のイメージで、試走はイーブンで3~4周して、最後の1周アタックのつもりでレースを走れば良いと。
なるほど!とストンと腑に落ちた感じ。あとは、これもアドバイス通り、宿の部屋で前日に強敵スドーマンさんが上げてくれた車載動画で繰り返し予習

IMG_20170716_161808

酔いが回って早々に就寝


2017/05/04

2017/05/04(thu) 第13回まどかカップ3時間耐久MTB大会

18221679_2049808285242616_5565749318296063680_n

○ 3時間耐久ソロ45歳以下 6位/40人 17周(-1LAP) 3時間8分58秒 215W TSS310 158bpm
http://ss-yk.cocolog-nifty.com/blog/2017/05/post-e1aa.html

----------

0410 新潟発
0540 関川村道の駅発
0700 川西ダリヤ園着、設営
0800-0900 試走
0900 開会式、キッズレース
1100-1400 3時間耐久レース
1500 閉会式、表彰式、撤収、風呂
1700 川西ダリヤ園発
1930 新潟着

----------

関係者の皆さまのお力添えにより準備が整ったMTBリスタート。初乗りから1週間足らずでの3時間耐久レース参戦は、無謀とも思えたけど、レースの中で学べることも多いだろうと考えて、エントリーを決めた。期限を過ぎてのエントリーをお受けいただいた主催者の皆さま、ありがとうございました。

mnmさんご一行に乗り合わせをお願いして、当日は来春に成人式を迎えるorz Racingの若者rntrくんのクルマに同乗させてもらった。饒舌な若者なのは知ってたけど、なかなか楽しい道中になった。長時間の運転、お疲れさまでした。

会場到着後、お知り合いの皆さんにごあいさつ。旧知の新発田の面々とも早速顔合わせできて、懐かしくなった。お互い、歳を取りましたなぁ。

テント等の設営を済ませて、早速試走へ。

18199393_2049807121909399_5135670080494202187_n

うーむ、なかなか難しいコース。2つある登りは、どちらも終盤の勾配がきつくて、力を尽くさないと登り切れない。ゆっくり登っても温存はできない感じ。
下りは下りで、なかなかにテクニカル。リズムに乗るのが難しい。集中を切らせない。
3時間の長丁場だけど、ほんの一部の平坦の舗装路・ジープロードを除いて休みどころがない。大変な戦いになりそうだ。

開会式後のキッズレースでは、tkhsさんのところのsoくんが優勝!急成長ぶりに、周囲からも祝福と共に驚きの声が。自分も含めオサーン勢、抜かれるのはもう間もなくかも。。

耐久レースのスタートは、申し込み順に振られたゼッケン順ということで、自分は最後尾から。ソロ・チーム合わせて100人以上の選手が眼前に控える光景は壮観!
だけど、狭い部分が大半なコースで、前の選手を交わしていくのは、相当に難儀だろうと。不安を抱きながらスタート

想像どおり、スタート後の登りから大渋滞。。1人1人に声をかけながら、ていねいに交わしていく。
その1周目の中盤でomさんに追いついて、しばらく後ろに付かせていただく。下りのラインどりやブレーキング、前走者の交わし方を自分のものとするべく、後ろからじっくりと見させていただいた。

18198597_439014266490896_4747905567964958203_n

そんなコースの終盤のスイッチバックの下り。omさんとの間に1人挟んでしまい、先を急いでいた右コーナーで、左ハンドルを立ち木にヒット。曲がり切れなくなり、何とそのまま谷側にダイブ。。
ちょうど半回転して背中側から落下。どこも痛くなかったので、すぐさまコースに復帰。落としていたボトルも、立哨の方が拾ってくれた。枝などに擦っての擦り傷はたくさんできたけど、大事に至らず良かった。しかし、舗装路まで戻ってきて確かめると、補給用に持っていたジェルが1つ無い。落としてしまった。たぶん補給が足りなくなると思いながら先を急ぐ。

2周目も、追い付いたomさんのレーシングスクールを受講。大変参考になった。ありがとうございました。

あとはもうひたすら淡々と進んでいくのみ。
40分過ぎくらいに腰が痛み出して、まだ先が長い道中に大いに不安になる。でも、この先、幸いにして大きく悪化することはなく、ひどく痛んで踏めなくなる、なんてことはなかった。

18221652_439014506490872_3416024908159943690_n

この日は28℃ほどまで上昇する予報で、暑さが大の苦手な自分はそこも大いに不安だった。
でも、登りがさほど長くないコースレイアウトと、大変乾燥してカラッとしていたこと、途中から冷たい風が吹き始めたことで、大きな障害にはならなかった。

18221999_2049805225242922_8122178399014915986_n

2時間が経過して、脚も腰も腕も握力もキツくなってきたけど、大タレすることなく、このままイケそうかなと思い始めたところで、補給のジェルが底をついた。水は、掛水用に持っていたのが手つかずで、ジェルがあればピットインなしで行ける状況だった。
時間がもったいなかったけど、ハンガーノックになってしまっては、ピットインのタイムロスよりずっと大きな損失を被ることになる。残り40分ほどのところでピットに入り、羊羹半分を食べて残りを持ち、冷たい飲み物を保冷ボトルへ。これで終盤のレースへと駆け出した。

18222053_2049805971909514_3782408647501683_n

最終盤は少しペースが落ちたけど、大タレすることなくファイナルラップ。ここまで来たらもう順位が上がることも下がることもないだろうと、1周目にジェルを落としたスイッチバックでジェルを捜索するも見つからず。。そしてゴール。3時間出し切った達成感は格別。これは病みつきになりそうだ。

順位は入賞5位までのところの取っちゃいけない6位。5位とは1分8秒差。ファイナルラップのジェル探しで1分近くロスしてる気がする。。とはいえ、そういった順位が分かりにくいのもこうしたレースならではだし、久しぶりのMTBで、上出来です。

soくん優勝のほか、若も優勝。mnmさん5位入賞。おめでとうございました。
抽選会では、相変わらずの引きの強さを発揮して、山形米3種食べ比べセットをGet!良いお土産に。

orz Racingの皆さん、ご一緒ありがとうございました。MTBレース、これからも取り組んでいきたいので、引き続きよろしくお願いいたします。

(photo by 関係の皆さま ありがとうございます。)

2017/04/13

2016-17シクロクロスシーズンの振り返り【レース編】

10月末に予定されていた東北CX#1猪苗代が会場の都合で中止され、#2さがえラウンドが前倒しとなり、sghrさん&ngoくんと乗り合わせてシーズンイン。

本当は、10月半ばの前橋#1か茨城#1小貝川でシーズンに入りたいところだったけど、生涯最後の実業団レースと決めて臨んだ南魚沼とバッティング。どうしようもなかった。

南魚沼の後に角田浜トレイルでの乗り込みを開始していて、まだ技量が上がっている感じはなかったけど、さがえは、速さに占める「脚」の割合がかなり多く、テクニックの割合が極少ないコース。トレイルに馴れているということだけで、技量面は十分だった。

レースは、スタートを首尾よく決めて、序盤からうまくレースを進められたものの、関東のマスターズの雄・須藤選手や、昨年のさがえラウンドウィナー小岩選手に脚の差を見せつけられて3位フィニッシュ。ロードシーズン直後で最も脚ができた状態でも、脚の差で負けた。

30676562871_286ffd8062_o


11月は、猪苗代中止・さがえ前倒しの関係でAJOCCレース無し。角田浜トレイルのお披露目イベントのシクロクロスクラスの出走のみ。
ここでは、福島から来訪してくれた菊池選手&積田選手の、シクロクロスでもトレイルの障害をものともせずクリアするテクニックに、大いに刺激をもらって、1か月、みっちりと角田浜トレイルを走り込んだ。

15036508_1172466886177803_7803089147168153364_n

12月初め、tnkさんと共にCCM#5飯山ナイターに参戦。去年は上手く走れなかったスピーディーかつダイナミック+トレイルなコースを、角田浜トレイル効果が生きて、攻めに攻めた。
 
翌週の宇都宮JCX年代別選手権に向けての初めての40分レース。金田選手とのマッチレースに。踏む区間で離され、コーナーやトレイルで追い付いて、の繰り返し。最終周まで貼り付いたけど、登りの最終コーナーからのスプリントで脚の差を見せられて完敗。

それでも、脚だけでなくテクニックでも戦う、シクロクロスレースの醍醐味を味わえ、大きな転機となるレースになった。

15253389_1264526606952545_2096359271221041964_n

翌週はsghrさん&nyoさんと宇都宮JCX年代別選手権に参戦
 
少しずつポジションアップして20番手前後まで来ていた5周レースの3周目、ジャンプの必要がある高さ30~40cmほどの起伏があるポイントで飛び過ぎて落車。左側のコンクリート法面に頭から肩・腰脚までを打ち付けた。1分ほどロスして再スタート。失ったポジションを取り戻したところでフィニッシュ。
ラップタイムを追うと、落車が無ければ15番手あたりまで上がれていたっぽい。残念。。

31656216965_24e992c828_o

左臀部の打撲・擦過傷が化膿してなかなかよくならず、年末バタバタしたのもあってクリスマス開催の東北CX#3郡山は見送る羽目に。
続く1月中旬開催の東北CX#4蔵王は寒波到来の予報を踏まえて、エントリー見送り。加えてインフルエンザに罹患して、1週間棒に振ってしまった。

IMG_20170113_104326

そのインフル罹患から1週間経った1月下旬に前橋CX#2にtnkさん&sghrさんと参戦。初めてCM1がいないCM2+3でのレース。勝てばCM1なので狙って当然なのだけど、インフルの体へのダメージは小さくなく、状態は決して良くなかった。なので無理せず様子を見ながらレースを進めよう、そんな心掛けをしたのが良かったのかもしれない。

FRIETEN水野選手とのマッチレースを制してAJOCCレース初優勝でCM1昇格。これはうれしかった。
 
IMG_20170122_121238

2月は近場でのレースが無く、3月初めにシーズン最終戦として東北CX#4SUGOラウンドにhndくん&ngoくんと参戦
シーズン初戦で勝負にならなかった関東のマスターズの雄・須藤選手とのマッチレースとなり、終盤に突き放されて2位フィニッシュとなるも、雪国新潟に住む自分が、シーズン初戦よりも最終戦で勝負ができた。

16939700_1383003891751906_451395154247476893_n

宇都宮での落車は痛かったけど、今シーズンは、総じて、昨シーズンはほとんど持てていなかった各レースのコースに対して余裕幅を、しっかり持って臨むことができていたのが、好調に楽しくシーズンを過ごせたことの大きな要因だったと思う。

それは、ひとえに角田浜トレイルでのトレーニング効果が存分に発揮されたからであって、整備に尽力されている皆さんに感謝するばかり。
自分もこれからも可能な限りトレイル整備や振興にかかわっていきたい。


2017/03/05

2017/03/05(sun)2016東北CX#4菅生ラウンド

received_1104711582990475

CM1+2+3:2位(+10秒)

0500 安田IC駐車場集合・積込、出発
0730 スポーツランドSUGO着
0800-0900 受付・試走
0915-0945 C3+4(30分)
1010-1040 CM1+2+3(30分)
1100-1110 CK1、CK2(10分)
1120-1200 試走
1215-1255 CL1、C2(40分)
1315-1415 C1(60分)
1445-1530 表彰式
1820 安田IC着

----------

hndくん&ngoくんと乗り合わせて菅生へ。ngoくん、往復の長時間の運転、ありがとうございました。

3月初めの菅生。早朝の冷え込みが懸念されたけど、着いてみると暖かかった。
まずは試走。事前配布のコースマップは、雪に覆われてた昨シーズンのレースとほぼ同じだったけど、走り出してみると所々で違っている感じが。

 去年もあった序盤のキャンバー。一つ目の登りも初めは登れず手こずる。うーむ。。忍者返しは乗っては登れない。押し上げるも進まない。担ぎ上げると良い感じで登れた。
忍者返し後の下りキャンバーは、手こずってる選手も多い中、角田浜トレイルで培った耐性で良い感じで乗っていける♪
インフィールドはコーナーの連続。芝だけでなく、土のコーナーも結構あり、攻め甲斐がある。

後半のキャンバーも問題なく乗って行けると思ってたけど、試走の終盤でフロントからスリップダウンして滑落
試走終了後にhndくんに聞くと、最高部は滑らないとのことで、レースではそのラインを試す必要あり。
空気圧は1.8barで始めたものの、跳ねを嫌って 1.5barに。後ろが少し滑るけど、コントロール下においておけるくらい。

received_690352137842296

10時10分スタート。昨年のシリーズチャンプ江川選手がホールショット。3番手で1コーナーを抜け、キャンバーには3番手で。江川選手、ここまで東北3戦全勝の須藤選手と競りながら進むも、江川選手が少しずつ離れて、須藤選手とのマッチレースに突入していく。(今シーズン、こういう展開多し。)

received_1104408816354085

しばらく後ろで様子を見ていると2周目の終盤で先頭交代のサイン。3周目はほぼ前を引く展開。4周目に入るあたりで須藤選手が再び先頭へ。何とか食らいつく。

received_690352291175614

そして4周目後半のキャンバーで須藤選手が猛然と加速し、数秒差がつく。その後のシケインも須藤選手は上手くて、さらに差が開く。ここで粘って差を詰めなきゃいけなかったのだけど、力が足りなかった。 2位でゴール

received_690355231175320
 
不利な雪国新潟に住む自分が、秋口の開幕戦よりも冬の終わりの最終戦で関東の強豪と良い勝負ができたのは、ひとえに冬の間も角田浜トレイルで走りこめたおかげですm(__)m

来シーズン、またがんばります。 

tire:challenge fango 700×33C F&R1.5bar

(photo by hndくん&ngoくん)